ガオー!ライオンだよ          初めての子育てと大連生活のいろんな発見


by otamatokero

女同士は楽しい

今日は夫の会社関係の奥様2人と私+naoの4人で過ごした。
みんなが住んでるのは棟は違えど、同じマンションの敷地内なので行き来は楽だ。
ランチに招待してくれたJさんは中国人で、もう一人はかなり中国語を話せるNさん。
Jさんも日本語の勉強中なので、Nさんを介してなんとか会話は成り立つ。ありがたい。

食卓にはJさん手作りの水餃子や野菜の炒め物など5種類もあった。
たぶんnaoのためじゃないかと思われる、サツマイモを軟らかくふかしたものも作ってくれていた。
私なんかこんなに品数を食卓に並べたことはないんじゃないかな。
美味しかったし、家庭料理ってなんだか温かくて、うれしい。

食後、Jさんはマイカーで海辺へのドライブに誘ってくれた。
以前大連を訪れたときには、海の近くのレストランには行ったことがあったけど、夜だったので海は見えなかった。
陽があるうちの海は初めてだ!しかも海辺を散歩できるらしい。
一度家に寄ってベビーカーに上着やひざ掛けも持って出発した。

海辺のほうは売り出し中のすてきなマンションや一戸建てが立ち並ぶリゾートといった雰囲気。
海岸沿いの道路脇には、日本の海辺のようにちょっとした公園のようなものが作られている。
そこからけっこう下のほうに砂浜があって、下りていくようになっている。
ベビーカーで来てしまったので、砂浜には下りられなかったけど、かなりの人がいた。
海には10月だというのに泳いでいる人もいる。しかも太陽がきれいな夕日になっている時間なのに!半袖ではいられないくらいの肌寒さなのに。すごいなー・・・。
聞けばこちらの人は夜泳ぐらしい。これは見たことないのでホントかどうか。
階段状に作られた公園を散歩するには、ベビーカーはちょっと不向きでしたが、naoには産まれて初めて見る海です。それが大連の海だとは。

海の景色とお散歩を楽しんだ後、Jさんは小高い山の方を回ってくれました。
開発区ではシンボルのような、UFO型の展望台があるところです。
地上からはこの展望台しか見えませんが、その近くの山の上には翼のある牛が子供を乗せている像がありました。
馬なら分かるけど、なんで牛なんだろう?????ヒヒーンといなないて前足をあげているようなポーズ。でも間違いなく牛だ。童話や神話のようなものがあるのかな。すごく気になりました。
その辺りから見える開発区の景色も、また素晴らしかったです。

すっかり日も暮れて、帰りは火鍋を食べに行きました。
夫達は13日まで接待等で休みなし、帰りも遅いので、女3人(おっと、4人か)で楽しく一日を過ごしました。
なんだか食べてばかりでしたが、おしゃべりもできたし、とっても充実した一日でした。
[PR]
by otamatokero | 2004-10-09 23:22 | 日常