ガオー!ライオンだよ          初めての子育てと大連生活のいろんな発見


by otamatokero

停電騒ぎ

もうこの話はすっかり3週間も前のことになってしまいますが、東京横浜でも最近大きな停電があったので日本のお友達にもこの辛さ分かってもらえるかしら・・・。(いつも前置きが長くてすみません)

瀋陽旅行の最終日、夫は平日の水曜だというのに家にいた。
なぜか。
会社が停電で休みになったのだ。
会社のある保税区では3日に1度停電になるので、3日に1度会社が休みになるというのである。8月9日に始まり9月1日まで。
な、なんだと?そんなに電気が足りないのか??

大連はこの夏、暑かった。
空調が必要、夜も付けてた。瀋陽も暑かったが、大連も暑かった。
去年はそれほど蒸し暑い日はなかったけど、今年は日本みたいに蒸し暑い日が多かった。
そうか、このローテーションでいくと夫は土日出勤はもちろんあるけど、平日休みもあるんだな。

そのおかげで夫は絶対できないだろう経験ができた。
naoの幼稚園の送り迎え。この点だけは「停電よ、ありがとう!」
彼は幸せだった。

まあ、それはさておき、停電の余波は我が家にも来た。
周りの友人の家はなかったが、なぜかうちのマンションだけ3日に1度停電の通達が。
それはいきなり起こった。朝8時ごろ、いきなり停電。アイさんに確認してもらったら、夜の10時ごろまでだと。
しかし、その日のうちに「3日に1度停電」の通達張り紙が出された。
そのローテーションは夫の会社の翌日だった。

その後、なぜか何度かローテーションが変わり、そうこうしてる内に朝夕少し涼しくなってきた。
すると急に停電はなくなったのである。
夫も先週からまったく変わりなく出勤している。

この騒ぎで我が家には懐中電灯が3本増えた。
うわさでは北京に送電するため、この辺りが犠牲になったとか。ことの真偽は知らない。
夏場の停電は、暑いのもそうだけど、冷蔵庫、シャワーが使えないのが辛い。

でもすでに中国暮らし2年目に突入しようとしている私には、「停電は面倒だけど、水道が止まるほうが辛いよなー」とか結構余裕で構えてました。
日本で停電に遭われた方、どうでしたか?





家でテレビが見られない。これは子供にとってかなりつまらないだろう。私もDVDを子供に見せずにゆっくり食事の支度などできない。
停電の日はマンション中の夏休みで暇そうな小学生が敷地内の広場や公園に出てきていた。私もnaoと幼稚園から帰ると、顔見知りの小さい子供たちも含め外で遊んでいるので、そのまま暗くなるまで外で遊んでいたことも何度か。
テレビなどなく安全な遊び場があるほうが子供には健全で楽しいのかも。テレビでしか知らない昔の日本の情景が浮かんだ。
[PR]
by otamatokero | 2006-08-29 11:36 | 日常