ガオー!ライオンだよ          初めての子育てと大連生活のいろんな発見


by otamatokero

布パンツで2週間

トイレトレを応援しようと、かわいいパンツをたくさん買いました。
するとお風呂上りにオムツと一緒に並べて選ばせると、布パンツがいいと言う。
やっぱりね!私の目論見どおり。

naoが3歳になるのは冬。3歳前後にオムツが取れる子が多いと聞いていたし、子育ての先輩からも早いと失敗も多いよと教えられてきたし・・・どうしよう、この夏はまだ早いかな?
幼稚園の先生から薦められ、成り行き上本格的に開始してしまったこの夏のトイレトレ。

でも私はnaoの様子を見て、この夏が時期だと判断しました。
帰宅した時に「お手手を洗ってきて」と言ったら、おしっこもきちんとしていた事が何度も。
幼稚園で失敗がなくなって1週間後に、思い切って夜もオムツを外して今日に至ります。
その間、2度おねしょをしました。
最初のおねしょの後、大きな防水布を購入。ほぼベッド全面を覆うので、こちらも余裕で構えていられます。夏だしね。

おねしょをしても本人は全然気付かず、寝てました。
それほど疲れてぐっすりなんです。
うちの場合はおねしょする時って生活が乱れてるんです。
必ず就寝11時とかの夜更かしの翌朝。最初は「まだ無理だったか」と思ったけど、これは本人が悪いんじゃない。ちゃんと寝かせない親のせいでしょ!それで反省しました。
「ねんねの前におしっこ行こうね」と言うと、naoは素直に聞いてくれます。
そうしたら、親はすぐに寝せるよう努力しなくてはいけないのです。

外出時もそうです。
「おんもに行く前におしっこ行こうね」
「電車に乗る前におしっこ行こうね」
外出時にどのくらいの水分を取ったか、親が管理しなくちゃいけない。
「出物、腫れ物、所構わず」という言葉どおり、こんな小さい子がどのくらいの我慢ができるのか。
したい時、そこにトイレがあるのか?ないことのほうが多いよね。
誘ったときに「出ない」と言っても連れて行き、親がねばる。それがトイレ初心者の我が子には肝心。
こうした親の努力なしに、失敗なし、はありえないのだと学びました。
あとはこれが習慣となり、本人が完全に尿意、便意を把握できたらトイレトレ終了なのではないでしょうか。
naoはまだオムツを完全否定していないので、長時間トイレに行けない状況ではまだオムツを使用するつもりです。聞くところによるとよくないらしいけど、無視無視。便利なのが一番。

すでにオムツが取れたお子さんのママたちに話を聞くと、経過はさまざま。
うちのように親の都合で始める場合は一般的に大変みたいです。

最近は自分で拭くこともやりだしました。後ろから拭いて欲しいけどまだ無理。様子を見て徐々に教えてあげたいと思っています。
[PR]
by otamatokero | 2006-09-01 14:08 | 子育て