ガオー!ライオンだよ          初めての子育てと大連生活のいろんな発見


by otamatokero

カテゴリ:旅行( 3 )

本渓と瀋陽 3日目

この日のメイン観光はもちろん瀋陽の故宮。
その後、子供たちのために科学館を見学し、大連へ帰るというスケジュール。

北京の故宮は有名ですよね。日本では映画「ラストエンペラー」以降はもっと知名度アップされました。私も約20年前に見学したことがあります。
瀋陽の故宮は北京より古く造られ、世界遺産にも登録された場所です。
華美というより質素、しかし当時の技術を尽くした石や木の彫り物のすばらしさに圧倒されました。
建造物の彫り物は全て木でできていて、それに塗料を塗っているのだとガイドさんが説明してくれました。

日本のドラマ「大奥」のような密史(裏に隠された歴史)で語られる後宮の様子に、かつての皇帝の生活などを想像したり・・・、日本とそう変わりないのでしょうね。
5人いた奥様のお部屋はどれもさほど変わらず、子供がいたかいないかで内装がちょっと違っていたり。
中国でも密史ドラマは人気が高いらしく、同行した中国人の奥様にも見るよう薦められました。
私は大連へ来るまで中国にそれほどの興味を持ったことはありません。
もっともっとこの国のことを知りたい、知ってから旅行に来たかったな、と後悔しました。

移動する車の中で見た瀋陽の町中は、大連と比べそれほど大都市を感じさせません。ここは大連も属する遼寧省の省都なのですが大連がいかに発展しているかがわかります。

そして子供たちが楽しみにしていた科学館到着。
リニアモーターカーだとか、一番面白そうな乗り物系はほとんど全部故障中。
3階まであったのですが、上へ行くにつれ面白そうなものは少なく、子供たちの飽きるのも早かった。こんなものなのかねぇ。。。夏休みなのに、もうちょっと整備に力入れたりしないのかしら。

外へ出たら雲行きが怪しく、急に雷雨になりました。
時間的に他の場所に行くことはできず、このまま帰路に着きながらランチの場所を探すことに。
あまりの雨に外へ出る気になれないまま、市外のちょっと栄えてる場所でなんとか良さそうな所を見つけてランチしました。
実はこの間、naoは車内で発熱して少しぐったりしていて心配でした。
でも食欲はあり、食後様子を見ていたところ熱は2時間ほどでひきました。
旅行中ずっと暑かったし、車内も狭く、ちょっと無理が多かったのかもしれません。
2日目はお昼ねもしなかったので、きっと疲れていたのでしょう。

この場を借りてお礼を言いたいのが、同行の小学生たち。
車内でも観光中もホテルの中でも、実によくnaoの面倒を見てくれました。
やさしいおにいちゃんおねえちゃんと一緒で本当によかったです。
(逆にみんなも退屈をnaoで紛らわせてくれていたようです。あとで聞いたのですが、旅行中の感想をパパに聞かれてnaoの話と瀋陽の空中庭園の公園の話しかしなかったそうです。)

そして・・・7時近くになってやっと開発区に戻れました。
平日なのにパパが出迎えてくれました。なぜかは次のアップをお楽しみに。

中国だから?気になったこと
[PR]
by otamatokero | 2006-08-27 14:11 | 旅行

本渓と瀋陽 2日目

2日目は花博のみ!広い~!暑い~!きれいなんだけど、正直言って辛かった。

naoには友人よりお借りしたバギーを持参したものの、照り返しが暑いのか?おにいちゃん、おねえちゃんと一緒にいたいのか、ちっとも乗ってくれませんでした。
添乗員さんがずっと転がして歩いてくれてました。
添乗員さん唯一のお役立ちポイントだったかも。

花博会場内は何百元もする貸切カートと汽車型の20元で乗り放題バスがあり、もちろん後者に乗りました。
あまりの暑さにあちこち見て回る気もせず、日陰を探しては涼み、会場内でランチを済ませ、アイスを食べたら乗り放題バスで往復しただけでした。
ランチも日本食らしき所はあったのですが、ひどかった(らしい。友人談)。
後で日本語の上手な店長が説明に現れた。
当初日本向けだったのが、現地の方たちにあまりにうけなかったらしく、麺や味付けを中国人好みに変えたのだと。その態度は評価に値するが、だったら注文するときに言って欲しかったよね。
私は韓国の冷麺とチヂミだったので、まあ食べれました。

アイスはトルコアイス。ビヨーンとのびーるアイスです。
お店では大きな金属製のへらで、伸びるアイスをかき混ぜるおじさん。
それを使ってのパフォーマンスがすごくて、子供相手だとさらにサービスがいい。
伸びるアイスがまるで「とりもち」のように、子供からコーンを取り上げる!
そしてそのアイスをへらを使って、渡すふりをして、つかもうとする子供の手からうまい具合に逃げてなかなか渡さない、まるでマジックのよう。
あ、落とした!と思っても実は隠されてあったりして。見ないと伝わりませんね。
でも子供たちは大喜び!実は花博でこれが一番楽しかったかも。

瀋陽のホテルの感想は?
[PR]
by otamatokero | 2006-08-24 11:52 | 旅行

本渓と瀋陽 1日目

8月7日から9日まで2泊3日で中国国内旅行に行ってきました。
大人5名、子供6名、運転手1名、添乗員1名・・・旅行会社の小面包(小型のバン)一台貸切でした。

一日目、アジア最大級と謳われる鍾乳洞で有名な本渓(ベンシ)。
二日目、瀋陽で開催中の花博見学。
三日目、瀋陽市内の故宮と科学館見学後、帰宅。

簡単に要約するとこうだったのですが、やはりいろいろ想像外のことが起こるものです。
全部報告すると長すぎるので、これらも最後に要約して報告します。
それはさておき、

本渓の鍾乳洞はすごかった。
この旅行中天気が良すぎて、もう暑くてしかたなかったのですが、この鍾乳洞は当然涼しくて気持ちよかった!
洞穴のような入り口を入り、しばらくは歩いて見れる場所を見学。
暗いのでnaoは怖がって抱っこしましたが、泣きはしませんでした。
その後、船に乗り遊覧しながら見学です。
船は船頭さんがひとり、防寒用のコートを借りて着こみ、いざ出発です。
自然そのままかたち造られたものを動物や観音様などに見立てたり、船のコース上には頭を下げないとぶつかりそうな部分もあって、自然のすばらしさに感動しました。
あちこち見やすいようにとライトアップされ、真っ暗ではありません。
ひざの上のnaoに興奮気味のママが「楽しい?」と聞きましたが、首を振られました。始終黙ったまま・・・つまらなかったか・・・。
奥まで行って、同じコースを引き返して終了です。

メンバーの子供たちはnao以外みんな小学生のおにいちゃんおねえちゃんでした。
外に出ると、子供たちは虫取りに夢中。
こっちのほうが楽しかったのか。私が子供の頃もトンボ取りに夢中になったっけ。

ホテルのある本渓の街中に行く途中、何度も羊を見ました。お盆なので、満族(本渓に多い)の慣習らしいです。羊を食べるための作業を街中の道端でやるのです。食べるには必要な作業なのは頭ではわかっていても、かなりショックでした。

ホテルは3つ星。正直言ってすごい田舎の印象の本渓では、外見はともかく中身は金額的には納得いくものでした。ホテル内での夕食も美味しかったし。
「賀新楽園酒店」電話04116883288です。
[PR]
by otamatokero | 2006-08-20 23:32 | 旅行