ガオー!ライオンだよ          初めての子育てと大連生活のいろんな発見


by otamatokero

カテゴリ:一時帰国中( 11 )

b0027685_23391185.jpg


家族で一時帰国中、パパの実家で自転車をお借りしてサイクリング。
お昼になってパパが「メガマックを食べてみたい!」と言うので、マクドナルドへ。

naoは初めて注文したハッピーセットのおもちゃに大満足。
ドラゴンボールの悟空のカードもゲット!
チーズバーガーの上側のパンとピクルスを除き、完食しました。
[PR]
by otamatokero | 2007-02-19 23:35 | 一時帰国中

東京ディズニーランド

この一時帰国中、必ず行くと決めていた最大イベント「東京ディズニーランド」。
産院からの友人で結成した「サルの会」(みんな第一子がサル年生まれだから)のメンバーたちと行くので、それはもうワクワク。
前日9月27日が当初の予定だったのが、天候不良のため翌日に変更・・・しかし予想外の出来事が。

なんと東京駅で火災があり、京葉線が不通になってしまったの!
一番に並ぶつもりで準備して朝7時前には新木場駅に着いていたので、新聞に載っていたような混雑には出会わなかったものの、ランドのスタッフがほとんど集まらないらしく、イベントなど中止になったものも多かった。
楽しみにしてたキャラクターグリーティング(ミッキーマウスなどと写真を撮る)も出来ず、一番前にも並べず(リロ&スティッチのランチショーを取るためだった・・・)、みんな予想以上に疲れてしまって残念なことも多かったけど、やっぱりランドは楽しかった!
午前はライド系で回り、ランチ後はパレード&ショーを中心に。
子供たちが大好きな「スーパーデューパージャンピンタイム」、抽選により座席指定で見れるハロウィーン期間限定のショークーキースプーキーハロウィーンナイトも当選し、エレクトリカルパレードまでしっかり観賞してきました。
私の中で大ヒットだったのはドナルドがオールバックのヘアスタイルでバンパイアの格好だったこと。でも動きが激しくてカメラに上手に収まりませんでした。
子供たちは途中ショーの合間にお昼寝した子もいたけど、最後まで大興奮でした。

楽しかった様子は以下の写真で、おすそわけ。クリスマスイベント見たさにお正月に日本に帰りたい気分です。b0027685_1225652.jpgb0027685_11595215.jpg
b0027685_12193976.jpgb0027685_12212582.jpg
b0027685_12241733.jpg
b0027685_1225583.jpgb0027685_12301142.jpg

[PR]
by otamatokero | 2006-09-28 23:43 | 一時帰国中

あっという間

気が付いたらもう最終日。
結局毎日ホテルのビーチで遊び、満喫しました。
私たち親もゆっくり過ごすつもりで来たので、目的を果たせました。
英語を話そうとすると、中国語しか口から出てこないので困りましたが
ずっと日本語でも問題ないくらい、サイパンでは通じます。
すごく助かりました。

最終日も朝からビーチへ!たくさん遊びました。
b0027685_23334160.jpg


シーカヤックは2種類あり、グラスボトムとこのタイプ。
沖(と言っても大人は足が付きますが)まで行くと海底にはナマコがたくさん見えます。
大連土産で有名なので、乾燥したのはスーパーでよく見かけますが
生きてるナマコを見たのは初めてでした。しかも踏んだりしちゃいました。ギョエー!

b0027685_23344038.jpg

naoはボートはちょっと怖かったみたい。
実はこれほとんど毎日乗っていたのに、まだこの表情。
手遊び歌「ぐーちょきぱーで何つくろう」を歌って緊張をほどいたつもりだけど、手は「ぐー」してても顔は緊張してますよね。

b0027685_2335319.jpg


海に浮かんでたフロートに乗りたがるので、ボートから上陸。
ベビー用救命胴衣は無料で借りられました。


b0027685_23373665.jpg

遊び疲れて、チェックアウト後のロビーでお昼寝です。

普段あまり遊べないパパとずっと一緒のサイパン旅行。
今は大満足で寝てるけど、きっとこの年齢では覚えてないんだろうな。

絶対また遊びに来ようね、nao!
[PR]
by otamatokero | 2005-10-05 09:55 | 一時帰国中

きれいな海を独り占め

b0027685_2128561.jpg

ホテルのビーチはほとんど人がいません。まるで貸切です。
というのも、ワールドリゾートは一部改装中で、夕方などは窓を開けるとちょっと音が気になります。
ネットで調べて決めたのですが、やはり改装も終盤となると気になる部分が多く
ホテル内のレストランも営業してない所もあったりで、ちょっとガッカリ。
でも、元々食事は外の安いレストランやコンビニで簡単に済ます予定だったので不自由はありませんでした。

白い砂浜、どこまでも続く遠浅の海、ひざまで入る前にもう泳いでいる魚が見えました。
b0027685_21352644.jpg

naoも初めて入る海なのに、抵抗なく、すぐに慣れて
手を離してもひとりで歩くことができました。
naoが着ているラッシュガードも4歳用ですが、これは長く使えそうです。
南国の日差しから守ってくれます。
b0027685_2151444.jpg

ビーチではしゃいで、なかなかいい写真が撮れない中、やっと撮った一枚。
本当に最近はブレてない写真を撮るのが困難です。
ずっと動いてますからね・・・。
[PR]
by otamatokero | 2005-10-04 09:27 | 一時帰国中

ショッピング

b0027685_18134048.jpg

サイパンはまだ雨季。滞在中、毎日スコールに降られました。
でも降ってない時は海に入れるくらいの気温。曇ってると、最初は海が冷たく感じますけどね。
この日も朝からスコールだったので、ガラパン地区へお買い物へ。
ランチに寄ったトニーローマではお料理を待っている間にお絵描きセットが。
大喜びのnaoです。

b0027685_18374249.jpg

あんまり可愛かったので4歳児用のセパレート、つまりビキニを買ってしまいました。
ホテルに戻って早速ファッションショー!
まだ大きすぎるんだけど、これを着る頃にはいっちょ前の口を利くようになってるんだろうなー。
[PR]
by otamatokero | 2005-10-03 18:10 | 一時帰国中

いざ南の島へ

b0027685_17461394.jpg

見苦しい写真ですみません。でも主役はnaoなので許してください。夫からOKが出ませんでした。

「現実逃避したい」という夫の希望から、私が選んだ行き先はサイパン。
周囲に行ったことのある方が多く、いろいろ話をうかがったところ
ほぼ希望にかなった場所なので即決。

naoはもう空港なんて慣れたもの。グズりもせず余裕です。
離陸後にタイミングよく寝てくれて、naoの分の座席なしの狭い機内でも何とか大丈夫でした。

b0027685_1754591.jpg

サイパンの空港を出たところです。
naoの髪は、機内で寝ていたのと結っていたゴムを取ってしまったのでグチャグチャですね。
最近は嫌がって、すぐゴムを取ってしまいます。
naoは久しぶりにパパとゆっくりいられて、めちゃくちゃ嬉しそうです。
naoはパパが大好きです。


宿泊はススペ地区にある、サイパンワールドリゾート。
この日はホテルのビーチと近くのジョーテンショッピングセンターで買い物をしました。
[PR]
by otamatokero | 2005-10-02 08:30 | 一時帰国中
※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。



今日はちょっと暗い内容。
しかも長いので、お時間のある方だけお付き合いください。

私は私なりに大連に慣れ、なじみ、楽しむようになった。
私は普段からマイナスな考え方をあまりしない傾向にあるので、
どこに行ってもたぶん大丈夫なほうだと思っている。
夫の大連出向が決まったときも、いろんなことをあまり深く考える前に、
とにかく家族一緒にいれば何とかなるだろうくらいにしか思ってなかったし。
こんな私の性格から、私のブログを読むと「大連生活って楽しそう~」としか映らないかもしれない。
ああ、それは真実ではないな。
今まで誤解を与えてきたのかもしれないな。
そんな思いから、大連生活の大変な一面をちょっと記そうと思う。



超ポジティブ思考の私のような人もいれば、
もちろん世の中そんな人ばかりではないだろう。
ご主人の仕事の都合で仕方なく同行した奥様も多いと思う。
何の楽しみも見出せないまま、任期終了を待っている方もいらっしゃるだろう。
ましてや小さいお子さん連れでの大連生活は、不安でいっぱい。
言葉は通じない、食べ物の衛生面が気になる、あれが欲しくてもどこで売ってるの?

ちょっとベビーカーで散歩に出れば、「かわいいから」「足が寒そうだ」とか、「なんで帽子をかぶせないんだ風邪引かせるぞ」など質問攻め。
見知らぬ人々が寄ってくる。触る。抱っこひもはもっと目を引き、至近距離。
レジで「いくらです」が聞き取れない。
小銭の出し方が分からない。
市場ではボられる。
「このイチゴ甘いよ」とだまされる。
タクシーに遠回りされる。
昨日まで売り場にあったものが、今日はない。いつ入荷になるか見当もつかない。
おにぎりなど簡単なものが食べたくても、日本のような軽食を売るコンビニはない。
安心して荷物を置いておける場所がない。
子供のオムツの種類が少ない、離乳食や日本の粉ミルクが見当たらない、その辺で買えない。品切れが多い。

生後8ヶ月naoを連れ、私が実際に生活をしてみても、日本のようにはいかない事があまりに多く
いろいろな不満がストレスになって、体調を崩したり、そんなに必要でもないのにちょっとしたショッピングに興じたりすることも多々あった。

これもあとから自分の行動を振り返ってみて、気がついたことだったりする。
今から考えると、始めの頃は「早く慣れたい、なじみたい」一心でちょっと頑張りすぎてた気もする。
でも私の環境は恵まれていて、私が大連に着いた時には
夫の上司だったり同僚だったりの奥様方がすでに何人かいらして、いろいろ教えてくださった。
彼女たちのネットワークから、すぐに友人もでき、増え、楽しい毎日がおくれるようになった。

夫は大連でも仕事が忙しく、世のご主人方の多くがそうであるように
家事や子育てにはほとんど手助けしてくれる時間などない。
異国の地でこれは正直つらい。
土日も完全に休みではないし。
毎日の食事、日用品などの買出しひとつにしても、「私がやらねば誰がやる?」

最初は私も「何でもない、日本でもやってた」と思った。
4ヶ月頑張った。頑張ってることにも気づかないくらい日常になっていた。
頑張ったあげく、体調を崩した。
私には夫以外頼る人がいないことをその時に知った。
しかも私が体調を崩したらnaoの面倒を誰がみるの?
情けないことに、その時に初めて気づいたわけだ。

実際には友人が機転を利かせてくれて、事なきを得たのだが(詳しくは過去の記事をごらんください)
このときに初めてお手伝いさん(大連ではアイさんと呼んでいる)を雇おうと心に決めたのだった。

私のブログの読者である日本のママ友はこの辺はあまり読んでくれてないみたい。というか毎日読めるほど暇なママはそういない。当たり前。
私の大連生活は
「物価が安い」「お手伝いさんが何でもしてくれる」「遊んでる」イメージ強し。
「大変だね」「デモ大丈夫?」を連発されるよりはいいかもしれないが。

「お手伝いさんいるんだって?いいな。」
「子供見てくれて、その上家事もやってくれるの?」
「子供とお手伝いさん2人きりにして、出かけても平気なの?」
「子供ほったらかして、遊んでるんだー。優雅だね」
はっきり言う人は少ないが、そう言われてる。

私:「いや、だからストレスが・・・^^;」
ママ友:「ストレスゥ~?楽してるんでしょ~^^」

今日は体調も悪かったせいか、正直すごくムッとしてしまった。
もちろん完全に説明する気はないし、言っても暮らしたことのない人には想像が難しいだろうから。
日本でもお手伝いが欲しいときがあるもんね。
日本の物価じゃ容易ではないし。
でもでも、そういう次元の話ではないのだよ。

あー・・・誰か私をフォローしてくれませんか?
大連に戻ってからは、もっとこれが大変だとか、あれが大変だとか
いっぱい書かなくちゃいけないね。
・・・でも一日終わる頃には楽しかったことばかり覚えてる私には難しい話かも・・・
[PR]
by otamatokero | 2005-06-14 22:07 | 一時帰国中

お酒とお友達♪

※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。



b0027685_13105619.jpg
naoはじぃじの大切にしているお酒で遊ぶ。
持ち歩いてお人形のように抱っこしてあちこち歩き回る。






b0027685_1312594.jpg






活発なnaoのために購入した「アンパンマンブランコパークDX」が今日届いたので(安全のため本当はやってはいけないのだが)すべり台部分だけを組み立てた。
naoは大喜びで何度も何度もジムに登ったり、すべり台で遊んだ。
そのうち一人ではつまらなくなったらしく、お酒をすべり台の上に持って行き乗せた。
naoはジムに夢中。
その後お酒はひとりでにすべり台を滑り落ちた・・・。
[PR]
by otamatokero | 2005-06-11 00:00 | 一時帰国中

「おじぎ」と「階段」

※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。



私の母からnaoはおじぎの仕方を習ったようだ。
でもこのおじぎが傍から見るとおかしい。
だって「最敬礼」なんだもん。
まるで柔道家のようだ。

実家は二階建てである。
当然家の中に階段がある。
naoには今までになかった環境だ。
大連では低い手すりがあれば、上り下りができた。
公園のすべり台はよほど急なものでない限り、一人でできる。
本人は登山家のごとく「そこに階段があれば登る」状態で、チャレンジしたがる。
実家の階段の手すりは到底届かないから、手をついてよじ登って行く。
危ないからといって、止めさせるのは容易ではない。
最近はキックの威力も増している。「いやいや」が少しずつ始まっている。
家族みんなで気を付けていても、隙を突いて登る。
今までに2度、単独完全登頂に成功した。・・・恐ろしい。

今度長期帰国する際は、絶対に「ゲート」をレンタルしよう。
ダンボール製のバリケードはすぐ壊された。
今日から階段前に小さい家具を置いて安全対策を強化している。
[PR]
by otamatokero | 2005-06-08 23:21 | 一時帰国中
※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。



この一時帰国中にLサイズのパンツ型オムツで、naoは何度もおもらしをした。
太ももが細いので、ちょっとずれると脇から流れてしまっていたのだ。

またお友達のarisaちゃんが、オムツが重くなると「チッコパンパン」と言って教えると聞いていたので
オムツ替えの時にはいつも「naoちゃん、チッチいっぱいしたね。ママに教えてね」と言っていた。

naoにとって、こんな経験が効を奏したのか・・・
先日、自分でパンツを脱ぎ始めた。
「暑いの?なんで脱ぐの?」と怪訝になって、よく見るとオムツが重そうにぶら下がっている。

その日はすごくて、私のところへ来て「チッチ」(オムツが重たいよ)と教えたり、オムツ替えシートを自分で広げその上にゴロンして催促したり
これはもうトイレトレーニングを始めてもいいの?と思ってしまった。

しかし、その後オムツをパンツ型からテープ式に変えたら、おもらしがなくなり、
日ごとに教えてくれなくなってしまった。

先輩ママたちの失敗談や経験をうかがった結果、2歳の夏にやろうと思っている。
今は自分がトイレに行くとき、「ママ、チッチしてくるね!」と教えたり
naoがいいウンチをしてトイレに流しに行くときに、naoにフラッシュ(水を流す)してもらい「ウンチさんバイバイ」と手を振って見せ、トイレがどういうものなのか、少しずつ教えている。
大連のトイレは洗面やバスと一緒だから、まず目的別にきちんと教えていきたいな。

この夏の目標は「お外から帰ったら自主的に手を洗いに行き、タオルで手を拭く」に決まり!
[PR]
by otamatokero | 2005-06-07 21:30 | 一時帰国中