ガオー!ライオンだよ          初めての子育てと大連生活のいろんな発見


by otamatokero

<   2004年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

しばらくお休み

明日から7日までブログはお休みです。
来たばかりで、もう一時帰国するんかい?って感じですが、来年2月の春節までお休みないので、この大連の厳冬を越すために冬支度をせねばなりません。
今回のスーツケースはnaoのものばかりだったので、今度は私の冬物とか、こちらで手に入らない食材とか仕入れてこようと思ってます。
ポリオの集団予防接種もあるしねー。スケジュールいっぱいです。

今日はくもりで肌寒いです。日本も台風21号の影響がひどかったようで・・・。
これから大連は短い秋を経て、すぐ冬になるって聞いてます。
とにかくnaoを風邪引かさないように、私たちも健康でいなくちゃなーと思ってます。
実際、夫が迎えに来た11日から安心して気が抜けたのか?風邪ひいたのか?熱を出し、翌日体調悪いのに無理やりこちらへ来て、授乳中なので薬を飲まず、完治するのに1週間かかりました。
体調悪いのに赤ちゃんがいるのって、ほんとに大変。夫が会社に行ってる間、弱気になっていろいろ不安でした。健康ってホントに大事だなー。

帰国時にnaoは9ヶ月になります。
9ヶ月には何ができるようになるかな?一人遊びできる時間も長くなってきました。後追いも一段落するかしら。
naoの離乳食も後期に入ったし、私は自分でスーパーにお買い物に行けるようになりたいし!なんだかんだと忙しそうです。

でもブログ続けますので、今後もよろしく。また見てね。
[PR]
by otamatokero | 2004-09-30 15:50 | 日常

合格だね

昨晩、夫の帰りは遅かった。
お誕生日だからみんな(といっても家族だけ)で祝おうと電話が来るまで待っていたので、naoの夕食はいつもより遅くなった。
お風呂に入れていたらやっと帰ってきた。午後9時過ぎである。

この時間でも日本にいたら早いくらいだ。しかし、こっちに来たらnaoの世話をもっとしてもらえると思っていたので、ちょっと不満。
先週、今週と、ほぼ私がこちらへ来てから忙しいらしい。「いつもじゃないから」と言われても当てが外れた形となっている。実際明日には国慶節のお休みに入るので一時帰国するのだけど、お土産さえ買っている時間がない。休み明けも週末仕事で忙しいと聞かされた。「え?じゃあ買出しできないじゃん。私何食べればいいの」。今、冷蔵庫はほぼスッカラカンなのになー。・・・おっと、愚痴で脱線。

naoは眠さを通り越してしまったのか、いつもはその後寝かしつければイチコロなのに全然ダメだった。
私たち夫婦の夕食は結局10時半くらいになってしまい、私の背中にはおんぶされたnaoがいて、最初のプランどおり家族全員のお誕生祝いになった。
で、チョコレートケーキ登場!
一番心配された生クリーム、なんとコクがあるじゃない?!ほんのりココア味?のような、でもバタークリームのようなしつこさもないし。スポンジが多かったけど、クリームにコクがあったのでけっこう美味しく食べれました。
夫も喜んでくれました。「これなら合格ラインだね」。
欲を言えばスポンジはしっとりさせてほしいなー。乾いたパンみたいにパサパサ。これじゃ私が焼くスポンジと大差ないもん。
でも約2年前に別のホテルで食べたクリスマスケーキと比べたら段違いに美味しい。
間違いなく大連、そして開発区は進化している!ちょっと嬉しかった。
[PR]
by otamatokero | 2004-09-30 15:30 | 日常

お誕生日ですから

今日は夫の誕生日。
ケーキ大好き!の夫のために、今日は絶対にケーキがなくっちゃね♪と思い、近くのホテルのケーキやパンが売っている売店へ行ってみた。
こっちのケーキは生クリームがとっても白い。食べるとコクがなく、さっぱりしてて美味くない。植物性生クリームなのかなぁ?日本じゃ食べたことない味。だから白いケーキははなから買う気はなかった。夫は生クリーム大好きなんだけど。
ここは無難なチョコレートケーキにしておこう。
ショウウィンドーを見ると3種類ある。もろチョコが塗ってありそうな色の濃いザッハトルテっぽいの、チョコクリームだろうと思われるコーヒー色のもの、その中間色のもの。見た目が美味しそうだったのでザッハトルテっぽいのにしてみた。
ケーキは切り売りなので、中国語会話DVDにてお勉強した「2つください」を暗記し、なんとか通じた。
伝票を渡されて、奥のレジで精算。売店に戻り精算済みの伝票を渡してお買い物終了。
ひとつ10元のケーキに7元のイギリスパンで27元でした。
パンは以前スーパーで買ったのが超マズだったので、ここで買うことにしている。
だがケーキは初めて。しかも1ホールの状態で、断面が見れなかったからかなりの冒険だ。
帰宅して買ってきたものを見たら、断面がスポンジばっかり・・・クリームは間にうすーくうすーく塗られている程度だ。
味は今夜食べてみて明日レポートするとしよう・・・。
b0027685_18505055.jpg

[PR]
by otamatokero | 2004-09-29 18:52 | 食べ物

お散歩

今日は昼過ぎにマンションの敷地を出て、目抜き通りとも言える「金馬路」をベビーカーで散歩してみた。
ここ開発区に住むママさんたちもベビーカーでお散歩などしているという情報を得たので、思い切ってみた。
国慶節もあと数日となった最近、我が家の近く、それも大きいホテルの近隣で夜中に日本人が襲われたという話を聞いたばかりで、夫からは工事現場などには近づくなと言われていたのだが、naoと2人でずーっと家にいるのは息が詰まる。
日本ではわりと出歩いていたので、身体もなまってきていそう。昼間だし、天気も良かったし。朝から行こうと決めていた。
以前、夫の出張時についてきたことがあって、方向音痴の私も開発区はなんとなく分かっているし。
b0027685_23431645.jpg

マンションからはその時滞在したホテル「金元」を目指した。大きな交差点の角にそびえている。今日はそこから大連市内方面への道を選んでみた。
できるだけ大きな交差点を避ける。なぜかというと私は大きな交差点を渡るのが怖い。日本でも左折や右折の車に轢かれそうになっているので、こんな無法地帯(失礼)では何が起こるか分からないからねぇ。こっちは右走行だから、まず左見て右を見る癖をつけなくちゃ。
とりあえず、次の大きな交差点まで行ってそのブロックを一周しようかと考えていた。
途中、いくつか大きなホテルと今我が家で使用中のADSLの会社CNCや郵便局があった。
1ブロックの角まで歩いたが、その先は車は通っているけど寂しそうな通りに見える。
何かあっては夫に申し訳が立たないので、そのまま引き返すことにする。
b0027685_23423244.jpg

ベビーカーなど押して散歩してる暇人は私くらいで、しかも道端でデジカメ写真なんか撮っているっていうのは、日本人嫌いな一部の中国人にはムカつく存在だろなー、ベビーカーって目立つよなーなんて思いながら歩いていた。
道にいるのはOLさんらしき人、植木に水をやる業者、お掃除おばさん、バス待ちの人・・・すれ違った自転車に二人乗りのカップルがnaoを覗き込んで微笑んでいる。
お掃除おばさんに声をかけられた!「何ヶ月?ジィガユエ」のとこだけ聞こえたので、「八ヶ月バーガユエ」と答えたら通じた(?相手は納得してたし)のがちょっと嬉しかった。中国の数え歳では1歳と答えるらしいことを夫に聞いていたけど、「何歳?」とは聞き取れなかったので、まあいいか。いいとしよう。今はNHK中国語会話(日本から持参した録画DVD)と中国語電子辞書しか先生はいないのだ。これから頑張ろう。

ゆっくり歩いて約40分のお散歩は終わった。大通りだし、新しくマンションやホテルを建てている工事現場がそこここにあって、結局、排気ガスと砂埃の中を歩いてきたわけだが、気分転換にはなった。
naoは引き返すあたりからすっかり眠ってしまい、マンションについたら起きた。
明日も行こうかな、どうしようかな。でも日本のようにプラプラ気分ではなく、やっぱり車とか人とかで緊張したし・・・んー・・・気が向いたらにしようっと。
[PR]
by otamatokero | 2004-09-28 23:54 | 日常

いたずら盛り

ここのところ活発すぎるnaoについていけない私・・・。

naoは6ヶ月でつかまり立ちを始め、いまや上級者。それどころか最近はクライミングに凝っている。
寝転がっているパパやママの上を乗り越えるのは、お手のもの。
昨日、ベッドのヘッドボードの上のほうに温湿度計を設置したのだが、それが気になるらしく、寝起きの一番元気なときにヘッドボードによじ登りだした。
すごいのは腕の力!ボードの一番上に手をかけ、ほとんど腕の力で身体を持ち上げている。片足が一段高くなっている場所にあがった!もう一方の足もあげるの?はらはらと見守っていると、ここで「ふえーん」。腕の力の限界だったみたい。
しかしこういうのを見ると、もう「赤ちゃん」ではなく幼児になってしまったようで、寂しさを感じるなぁ。

ベッドといえば、サイドテーブルの上に置いたリモコンに手を伸ばし、60cmの高さから落ちたことがある。
私が居眠りをしてしまったほんのわずかな時間に。母はなぜだか落ちる直前に気が付くのだ。でも手遅れ。どうせなら落ちてから気が付いたほうが、助けられない自分を感じなくて済むのに、ベッドから姿が消える瞬間を見てしまう。これは先日こちらでお知り合いになれたママさんも同じことを言っていた。
このときは手で着地したようで、何にもダメージを負っていなかった。奇跡的だ。本人は驚いただけのようで、すぐ泣き止んだが、こっちが泣いた。
本人はこれに懲りてはいない。naoは起きると端まで猛スピードでハイハイし、そこで振り返ってニヤッと笑う。危ないからホント勘弁して!と私は心から願う「止めてくれ」と。でもそんな私を見るのが楽しいらしく、今度は反対サイドまで行き、下を覗き込んだりする。動きが早いので捕まえるのが大変!

大連のマンションは広いリビングが全部フローリングになっていて、日本でも「つかまり立ちをしては転んで頭打ってる」と私が報告していたので、夫がnaoのためにマット(abcや数字が型抜きできる、お風呂マットのような素材のもの)を用意していた。
けっこうたくさん買って窓際の日当たりのいい場所に敷き詰めているのだけど、「親の心子知らず」、その上だけで遊ぶはずがないんだな、これが。
立っても、そろそろとお尻から下りる方法をマスターしたので、もう頭から転ぶことはなくなったけれど、ソファーやらAV家具でつたい歩き、はたまた歩行器(当然動きます)につかまり歩く練習か?目が離せないです、ホント。
今日はとうとうその敷いてあるマットを引っぺがし、噛み噛み!んぎゃ~やめてー汚いから!
赤ちゃんて本来の使用方法なんて完全無視なのよねー・・・。
b0027685_0223597.jpg

[PR]
by otamatokero | 2004-09-28 00:22 | 子育て

3回食

今日、朝ごはんの時に何だかnaoが欲しそうだったという理由で、離乳食の3回食に挑戦した。一般的には9ヶ月からと離乳食の本には書いてあるので、10日ほど早い開始となる。
私のトーストを粉ミルクを溶いたものでふやかすパン粥が、naoの初の朝ごはんとなった。
スムーズによく食べたので私が足りなくてもう一枚トーストするくらい。デザートに日本から持参したベビーフードの「アップルキャロットペースト」なんぞも完食!いっぱい食べたね、nao。
大連に来るまでは、中国野菜は農薬が大丈夫なのか?赤ちゃんに食べさせても問題ないのかな?なんて心配ばかりしていたけど、スーパーには「緑色食品」と表示がしてある野菜やお肉が売られるようになり、これは農薬を減らして作られたナチュラルフードだと聞いた。
私も一度、テレビでそれが紹介されている番組をたまたま見たのだが、店頭に残農薬を測る機械まで置いてパフォーマンスしている姿が映されていた。
実際そんな機械なぞ置いてはいなかったけれど、その番組のおかげでかなり安心してそれらを購入し、よく洗って調理している。
ただ日本のスーパーに置いてある野菜より、なぜだろう「しなっ」としている。「おい、しっかりしろ!君はそれでも生きていたことがあるのか?」と思うほど死んでいる野菜たち(大げさ?)。日本と比べ、国土が広いから遠くから運んでいるのかな。日本のように水に漬けたり美味しそうに見せる努力をしないだけかも。いやいや収穫してから時間が経ちすぎているのかも。誰か教えてほしい!
離乳食はやっと後期に入ったばかり。これからもいろいろ大変なんだよね。手づかみ食べとかしたがるらしいし、全然集中しなくなったりするって本に書いてある。
でも離乳食に関しては、今までnaoは私を困らせることはなかったから、きっと何とかなるよね。これからもよろしくね、nao。

☆今気が付いたよ!☆日本から持ってきたPCの時間設定を中国にしていなかったので、このブログってば27日のになっちゃった!26日の23時に打ったのになぁ。
b0027685_010559.jpg

[PR]
by otamatokero | 2004-09-27 00:09 | 子育て

1元バスに乗る

昨日開発区にあるスーパーへ行くのに初めてバスに乗った。ひとり1元で乗れる公共バス。夫は何度か利用したことがあるらしい。近くの乗り場で待つと、程なくしてやって来たバスが乗りたい番線のバスだった。
日本と同じ、運転席の横のドアが開き乗車、お金を入れて・・・、降車は中央のドアが開くようだ。
乗ってすぐ夫が気が付く。「あ、このバスきれいだ。しかも降車を知らせるブザーがある!」
どうやらないのが当たり前らしい。しかもこれできれいなんだー・・・。私には普通のバスにしか見えなかった。
言葉がまだ全然分からない私にはブザーがないと降りたいところも伝えられないなぁ。困ったもんだ。
私たちの目的地は大型スーパーなどのある繁華街。知らせなくても降りる人がいて、バスは目的地に停まった。
さて、問題は帰りだ。夫は買い物で荷物が増えると、今まで歩きかタクシーを利用してきたようで、帰りのバスに乗ったことはないと言う。
「ものは試しだから乗ってみようよ」と私が言い、バス停に向かう。
途中マイクロバスのお兄ちゃんが何かと声を掛けてくる。これは乗り合いバスのようで、大連市内行きのいわゆる白タク。市内まで3元くらい(?未確認情報)で乗れるらしい。でも現地の人ばかりに見えるし、ちょっと怖くて利用する気にはなれないなぁ。
こういうバスも正規のバス停あたりに停車するので、公共バスはきちんとバス停に停まれないようだ。やってきたバスもかなり前方で停車。私たちも移動して乗車した。
このバスは私たちが降りたいバス停が終点になっていた(バスにそう表示してある)ので、ある意味ほっとしたりして。でもこのバスはブザーのないバスでした。
「もうすぐだねー」なんて言っていたら、終点のバス停だと思っていたところを通り過ぎた!慌てる私たち。
その後停車したのは「停車場」。つまり車庫?終点というのはここのことなの?やっぱり言わないと停まらないのかな。乗っていた全員がそこで降りたので分かりませんでした。
そこは目的地から50mほど離れた場所だったので少し戻っただけで済んだけど、お勉強に?なりました。
私は日本でもバスをほとんど利用したことがなく、いつも降りるまで緊張する。そう言ってしまえば同じことかも。乗り過ごしても戻れない距離ではないし、習うより慣れろかな(ちょっと違うような気もするけど)。
こんなわけで、バスは今後も利用してみようっと。タクシーでは8元かかるから節約になるもんね。
[PR]
by otamatokero | 2004-09-26 12:21 | 日常

段差がいっぱい

naoには日本のおじちゃん(私の兄)が買ってくれたマイカーがある。つまりベビーカーなんだけど、使い勝手がいいので今回これを日本から持参した。
お散歩やお買い物などお出かけには不可欠なものだと思っていたけれど、私の住む開発区には段差が多く、日本のようなわけにはいかないことが判明した。
先日ランチに出かけた際も、まず道路を渡るときから高さ20cmくらいの段差が!高すぎるよ!持ち上げなきゃ乗り越えられない。
ちょっと移動するとやはり同じくらいの段差。わざわざ段差のある町作りをしているようだ。
だって開発区ってどんどん整備され、新しい建物がここ数年でできている所なんですから。
日本ではどちらかというとこれから作られる町はバリアフリーな方向なので、こんなところでも「異国へ来たんだなぁ」と感じるところだ。
これからどんどん重くなるであろうnaoを前に、どうベビーカーを活用させようか悩む毎日。
[PR]
by otamatokero | 2004-09-24 13:41 | 子育て

母はつらいよ

8ヶ月というのは、こういう時期だといろいろな子育て本に書いてあるけど・・・。
後追いと夜泣きが続くのが辛い。
住み始めた大連のマンションは、日本で暮らしていたマンションの2倍以上ある。
掃除機をかけるのも一仕事だけど、そのあとモップで拭き掃除もしないと、どこから入るのかチリや砂埃のようなものがフローリングなどに付いている。
というわけで、ハイハイやつかまり立ちの盛んなnaoのために、2日と開けずにお掃除するのだけど、これが大変。お掃除などのまとまった時間を要する家事をするには「おんぶ」が不可欠なのです。
夫がこちらで用意してくれていた歩行器で20分くらいはひとりで遊んでいてくれるけど、眠くなったり飽きたりしたら泣きながら猛スピードで台所や洗面所で家事をしている私のところへ「抱いてくれー!」と突進してくる。
そんな時、「おんぶ紐」が大活躍。とにかく重いけど我慢しておんぶしてしまうと、不思議に寝てしまって、ズシンと重くなったらそっとベッドに降ろし、家事を済ませる。
しかし、相当気持ちよく寝れるようで2時間以上お昼寝してしまうことも。このせいなのか、夜中に何度も起きてしまう。「ふえーん」と一泣き、むっくり起き出し、お座りの姿勢で目を瞑ったまま泣いてしまう。なだめてもすかしても添い乳以外受け付けてくれない。ベッドも枕も変わって、ただでさえなかなか寝付けない私には、これが毎日続くと本当に身体がイタい。
せめて早く後追いがなくなればなー。でも「この時期だけのお楽しみだよ」って言ってくれる人もいるし・・・複雑な気分です。
[PR]
by otamatokero | 2004-09-23 15:26 | 子育て
金曜からネットが繋がらなくなった。
週末だけにえーっ?って感じだったけど、結局電話代を払ってなかったのが理由。
夫は携帯電話しか使っておらず、家の電話が不通になっているのに気が付かなかったようだ。
ともかく復活してよかった。料理のレシピなんかもネットに頼っている私にとって、この4日間は辛かったわ・・・。
[PR]
by otamatokero | 2004-09-21 11:25 | 日常