ガオー!ライオンだよ          初めての子育てと大連生活のいろんな発見


by otamatokero

<   2004年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

五彩城の「なぜ」

開発区駅前には「五彩城」という絵の具を撒き散らしたような、まさに色キチな場所がある。
これが駅から一番近い入り口で、北門です。
b0027685_2152871.jpg

なぜだか、アラビアンナイト?な建物にアートなハサミのオブジェ。
リボンが巻きついてるようなところは、なんと滑り台になっているのです!
なんのために・・・?
b0027685_2152398.jpg

上が北門の左側です。
みんな壁はこんな感じで、ほとんどが飲食店です。
日本語の通じるお店も何軒もあり、日本語表記で店名が書かれてるものもあります。
でも、お店の中身にかかわらず、外観はなぜかこの落ち着きのない色彩。
夜になるとライトでさらにカラフルなので、どこもゲームセンターかと思わせる外観です。
b0027685_2153030.jpg

至るところにこんなオブジェ?があり、おとぎの国?のようです。
お店には関係なく置いてあります。壁にもいろんな絵が書いてあります。
まだまだいっぱい、こんなのがあるので、またレポートします。
私はここを通るたび、なんで?誰が?なんのために?と考えてしまいます。
しかしそれこそが、ここ中国の感覚とズレているのかもしれない・・・。
でもでも!中国人もこのオブジェと写真撮ってたりするんだよねー。
観光地にしたくて、わざと奇をてらったなんてことはあるのかな?
誰か教えて~!
[PR]
by otamatokero | 2004-10-31 22:11 | 日常

ちゅー。ちゅるっ。

10/29
今日、初めてストローで「ちゅー」っとお茶が飲めた。
久しぶりにおうどんにしたら、3センチくらいの麺を上手に「ちゅるっ」とお口に取り込めた。
今夜の夕食時にnaoが見せたパフォーマンスです。

今日のいたずら:観葉植物の土に手を突っ込んだ!さっそくティッシュの空き箱で囲いを作成。こんなに高いところに置いたのに・・・届くんだ。
b0027685_12183317.jpg

[PR]
by otamatokero | 2004-10-30 00:04 | 子育て

naoの成長記録

この一週間でnaoのお気に入りの遊びがまた増えた。
私が「おそうじ」と名付けたその遊びは、
おもちゃや冊子などを片手で床にこすりつけながらハイハイで進むというスタイルだ。
けっこう遠くまで飽きずにやるので、本当に雑巾を持たせたら上手に床磨きができそう。
大きくなったらママのお手伝いしてくれるかしら?

それからお口をとがらせて、プーッと不満そうな顔をするようになった。
以前から鼻水が出ていて、なかなか治らないのだが、もしかして鼻の下がかゆいのかもしれない。
でも私たちが勉強などでかまってあげていない時によくするので、やはり不満なのかな。

あと昨日発見したのだが、上の片方の前歯が少しだけ顔を出した。
離乳食も丸飲み状態から、少しずつだけどモグモグもできるようになってきた。
おなかもゆるかったのがとうとう治った。一安心。

音楽をかけると立っちしたまま、膝を屈伸させてリズムに乗る。
これは以前からやっていたが、ますます安定してきた。
最近はこれに腰をローリングさせたりして、ちょっとノリノリだ。
でも「あれ?歩くかも」と期待していると、しゃがんでハイハイで移動する。
ちょっと期待させては裏切るという繰り返しを彼女は楽しんでいるみたい。
私ががっかりしてみせると、「あきゃー!」と嬉しそうに笑っている。

b0027685_121114100.jpg
そしてクライミングも板についてきた。
一緒にソファーに座っていると、肘掛によじ登り、登頂成功。
うかうかくつろいでもいられない・・・。
ちょっとおとなしくしているかと思えば、降りられない所に上っていて、泣いて知らせたりする。

もうすぐ10ヶ月。本当に日々成長しています。
[PR]
by otamatokero | 2004-10-28 12:25 | 子育て

楽しいバドミントン

みなさんはバドミントンを習ったことがありますか?
私は学校で習った覚えがない・・・忘れてるだけかなぁ。
シャトルがネットを越えるのに、どのくらいの力加減で打つのか、
向かってきたシャトルがどこで失速するのか検討がつかなくて困る。
十何年ぶりにやるバドミントンは新鮮だった。

このたび、開発区の日本人女性らが主催のバドミントンサークルに入会した。
近くのホテルのスポーツクラブにある体育館で週に一度行われる。
小さい子供連れなので、行ってもできないこともあるかなと思ったが
少しでも誰かとおしゃべりできるなら楽しいなと思ったのだ。

naoを連れて行くので、ご機嫌であれば10分くらい打てるかな?ぐらいに思っていたが、
初参加の時は体育館にクラブのオーナーだという年配の方が来ていて、
終始ずーっとnaoを抱っこしていてくれた。
すると他にも従業員らしき中国人が数人集まってきて、みんなで代わる代わる抱っこしたり、あやしたり。
私がいなくてもnaoはご機嫌にしていてくれた。
中国人はとても赤ちゃん好きだ。
食事をする店でも頼んでなくても見ていてくれたりする。
日本ではまずないことだ。
そんなnaoを横目に、私は2年ぶりにする運動らしい運動に、筋肉痛を恐れて15分も打たず、
かといってnaoを引き取るわけでもなく、
皆さんと談笑したりしてすっかりくつろぐことができた。
バドミントンは、思い切り打ってもそんなに遠くに飛ぶこともないから
すごくすごくストレス解消になる!
今はテニス打ちだけど、手首を使えるようになったら、もっとラリーも続くし楽かなー?

そんな欲も出てきた2回目の参加。
少しはラリーも続くようになり、とても楽しかった。
今回もnaoはベビーカーでおとなしーくしていてくれて、30分弱もコートにいることができた。
しかもほとんどの方が、休んでいる時にはベビーカーのnaoの所へ行ってあやしてくれていた。
ありがとう、皆さん。ありがとう、nao。

今までもつくづく思っていたが、こちらの女性達はとても親切。
皆さん、こちらでの生活を楽しもうとしていらっしゃるし、実際楽しんでいらっしゃるのではないかしら。
私も周りの皆さんのご協力のおかげで、当初の不安やストレスも解消されている。
これから寒くなるけど、なるべくいろいろな事に参加していきたいなーと思った一日だった。
[PR]
by otamatokero | 2004-10-27 17:25 | 日常
10/17

さて、ランチの「大和」の続き・・・
途中お手洗いに席を立って店を出たところ、店員のお兄さんがわざわざ追いかけてきて
「お手洗いですか?あちらです。」と詳しく道を教えてくれた。
デビューした頃のコロッケにちょい似の彼は、店に入った時から笑顔できちんとした印象。
お会計の時も礼儀正しく、他の店員もそうで、なんて社員教育が行き届いてるんだろうと思った。

全員おなかいっぱいになって店を出た。
腹ごなしにぶらぶらウインドーショッピングをすることに。
よく「中国って何でも安いの?」と聞かれるが、そんなことはない。
「VIVO.」の店内のものはどれも日本と変わらないくらいの価格です。
店内にバス・トイレタリー・キッチン用品のワゴンセールみたいなのがあったが
私が日本の100円ショップで買ってきた「醤油差し」は元で100円以上していた。
まあ、そんなものさえあることに驚いたのが先ではあるが・・・。

「VIVO.」を出てイトキンへ向かう。
今日は曇りがちで、ときたまポツッときたりしている。
でも誰もそんなこと気にしているふうではない。
イトキンへは以前から栄えているスイスホテルやマイカルがある場所のほうから回って行った。
白に緑色のロゴがなかなかおしゃれなきれいなビルがそうだった。
こちらでは日本のイトキンブランドが揃っている。
ここのトイレにはオムツ替えベッドが用意されているみたいだ。
入ってないので見てないが、店内表示にそう書いてあった。
今度からこちらでオムツ替えをしようっと。
ひと通り店内を見て、何も買わずに店を出た。

こうして歩いておなかに隙間を作り、再び「VIVO.」に戻り「Cocktail堂」にお茶をしに行った。
残念ながら4時近かったので、ケーキの種類は減っていたがちゃんとありつくことができた。
Nさんはフルーツタルト、夫はミルクレープ、私はシフォンケーキにした。
みんなで回して味見をした。
シフォンは生クリームはあまり甘くなく、スポンジがふんわり。
ミルクレープは表面がクレームブリュレみたいにカラメルが焼いてあって、クリームも美味しかった。
フルーツタルトはカスタードが濃厚で、キウイと蜜柚が乗っていた。
蜜柚とは緑がかった大きなグレープフルーツのような形で、
トラストマートでは厚みのある皮をその場でむいて売られている。
今が旬なのか、どこのスーパーでも売られていて、どんな味なのか気になっていた。
私の感想だが、グレープフルーツに比べ、房が締まっていて若い感じのする柑橘類のようだった。
ジューシーな感じはなかったけれど、今度スーパーで買ってみよう。
どれも美味しかったが私はミルクレープが一番美味しいと思った。
コーヒーはアイスにしてしまったので、普通だった。
せっかく豆から挽いているんだから今度はホットにしてみよう。

日が暮れるのが早くなった。店を出ると時間は5時近くになっていた。
駅へ向かう。
すると駅は大混雑。大連駅には自動切符売り場があるのだが、使えなかった。故障してるのか?
切符を買って電車に乗り込む。やっぱり帰りも座れない。
naoも疲れたのか、帰りの電車では少しぐずったが、近くのカップルなどにあやされて親は楽ができた。

夜は開発区にできたばかりのピザハットに行った。
なんだか食べてばかりの一日だった。食べ疲れ、そして・・・肥えた。
とっても充実した一日だった。

市内へ行って感じたこと。
市内は銀座、開発区は渋谷って感じ。どこが?と言われると困るが・・・私の勝手な感想なのでつっこまないでね^^;。
でも今じゃ市内に行かなきゃ困るものって、児童病院くらいかもしれないなぁ。
[PR]
by otamatokero | 2004-10-25 16:43 | 日常
10/17
大連市内へ電車でGO!

大連駅の前に広がる大通り「長江路」を渡り、まず左手の天津街へ。
実はこの日も同じマンションのNさんが私たち夫婦に付き合ってくれていた。
今まで休日にひとりだった夫は、特別用もない市内へはほとんど行っていなかったようで、まったくの不案内である。
Nさん案内のもと、「VIVO.」はすぐに見つかった。
「VIVO.」は「モーニング娘。」の「。」のように「.」が必要らしい。

私たちの入った側の入り口の左手には「Cocktail堂」というカフェがあった。
実はここのケーキを食べるのもここへ来た目的のひとつである。
日本の虎ノ門にあるカフェだという。
以前ケーキの話を書いたが、ここはちゃんとした生クリームが食べれるのだそうだ。
その時コメントをいただいたzooboraさんのブログに紹介されていた。
今日のお茶はここにすると決めてあるので、ショーウインドのケーキだけ見て、とりあえず素通り。
正面にはパン屋さんがあった。こちらも評判がいいらしい。
私たちが入ったのは1階だと思ったのだが、地下1階と記されていた。
納得したのは、その階が日本のデパ地下と同じようになっていたこと。
スーパーもあるし、ケーキ屋さん、お惣菜屋さんなどなど、日系のお店がたくさん入っている。
サツマイモのお菓子で有名な「らぽっぽ」まであった。
「VIVO.」の中は日本語のアナウンスが流れ、日本語のポスターが貼られ、まるで日本のデパートにいるみたい。
日本のデパートと違うのは、敷居が高いのか?外にあふれてる人とは裏腹にお客さんが少ないこと。
やっぱり、洋品店は中国だなという感じ。
日本でもおなじみのブランドも入ってるけれど、やはり知らない店が多い。
困ったのはトイレにオムツ替えのベッドなどがないこと。
人が少ないのをいいことに、私たちはそこここに置いてあるベンチのひとつを利用してしまった。

ランチは「大和」といううどん屋さんに入った。
うどんには「大」「小」という表示がある。「普通」はないのだろうか?
結局分からないので店員に聞くと、「あなたが食べるなら小だ」と言われた。
見た目、Nさんが「小」なのは納得だが、私でも「小」なのか・・・嬉しいなぁ。
お世辞じゃないといいなと思っていたら、出てきたうどんは普通に一人前。
否、1.5人前くらいありそうだ。じゃあ「大」ならどんなにあるんだ???
私はてんぷらうどんで、Nさんは肉うどん、夫はカツ丼と小うどんのセットだったのだが、
肉うどんは肉でうどんが見えないくらい。てんぷらも海老天が2本も!他も盛りだくさん。
夫は「カツがちゃんとカツだよぉ~」と喜んでいた。
開発区では「カツ」と言うと「ハムカツ」並みの薄さが常識だ。
ここのカツは本物だった。

to be continued・・・
[PR]
by otamatokero | 2004-10-25 00:24 | 日常

抱っこ紐で出かける訳

今日初めてひとりでトラストマートへお買い物に行った!
といっても、もちろんnaoも一緒です。

風がちょっと強かったけど、お天気も良かったし、安盛のエレベーターが地下まで下りてるかどうかだけでも知りたかった。
下りてなかったら、エスカレーターか階段になるので、抱っこ紐で行くことにした。

こんなことなら、日本でもっとベビーカーでのエスカレーターの乗り降りを練習しておけばよかった。
日本ではママ友と近所のジャスコで練習したりしたが、下りはできても上りが下手くそで危ない。
先日同じマンションのNさんに付き合ってもらって来た時も、やはり上りは危なかった。
誰かいてくれれば、何かあったとき手を貸してくれるだろう。でもひとりではやっぱりできない。
本当は日本でも「ベビーカーでエスカレーターに乗るのは危険だから止めるように」という注意書きが
メーカーの説明書にもエスカレーター乗り場にもあったりするのだが、みんな乗っている。
少なくとも私の周辺の町ではみんなやっていた。
コツさえつかめれば、そんなに危険ではないと思うんだよね。

エレベーターは無情にも1階までしかなかった。なんでだよ~!
それ以前にエレベーター乗り場に階段があった。許せないな、この町作りの根本が!
ま、どっちにしてもベビーカーではスーパーのカートは押せない。
カゴを持ってのお買い物も、片手操作になるから危険といえば危険なのだ。
第一、最近のnaoはおとなしくベビーカーに乗っていてくれない。
先日こんなことがあった。
お散歩の帰り、飽きてくると真後ろの私の方を向いて、にっこり「ねえ、抱っこして」とアピール。
「うーん、おとなしく乗っててよ。今日抱っこ紐持ってないんだから。」
無視して歩いていると、なにやらゴソゴソ。
きつめにしてある安全ベルトから、身体をよじりつつ、プリンセス天功並みの縄抜け業だ!
こら!ベビーカーで立ち上がるな!信じられん・・・。
あまりの危なさに頭がクラクラした。
そういえば、その数日前に食事用のイスの安全ベルトからも抜けて立ち上がったっけ・・・。恐ろしい。

こんなわけで、抱っこ紐のほうが面倒がなくていい。でも重い。
しかし平日昼間に夫はいない。いつもNさんに頼るわけにもいかない。
大連での私のベビーカー受難は続くのであった・・・。

お買い物終了後、おんぶに切り替えて帰った。
さすがに家に着く頃には両肩が痛かった~。

こんなにしてまで食材を買って、夫の大好きな豚の角煮を作ったのに
今日も接待となり、まだ帰ってこない・・・私の努力はいったいいつ報われるのだろう?
毎週毎週誰かしらが日本からやってくる。そのたびに食事会になるんだよ。来るな!・・・とは言えないが。
なーんか、私が来てから家族でゆっくり食事したのって4日しかないんだけど!
[PR]
by otamatokero | 2004-10-21 23:46 | 子育て

大連市内へ電車でGO!

日曜日、大連市内へ電車で行った。片道4元で行ける。
タクシーだと60元前後、バスは7元らしいので、格安で渋滞もなくおよそ30分で行けるのは嬉しい。
2年前には市内の中心部である大連駅まで電車が延びていなかったので、
利用したことがなかったし、
我が家からは開発区駅は利用しやすい位置にあるので
早く乗ってみたかったのである。

10時。開発区駅はかなり混んでいた。発券所に並ぶ。
切符はカード型でJRのsuicaのように、かざせば通過できる。
すごいじゃん、これって。ちょっと感動。

20分に1本間隔で電車が走っている。けっこうカッコいい車体だ。
社内は吊り革がなく、ところどころにつかまるための棒があり、座席は窓のあたりに2席が向かい合わせになっていた。
もちろん座れないほど混んでいたが、立って窓の外の風景を眺めるのもなかなか面白い。
naoは夫に抱っこひもで抱っこされている。
周囲の人にあやされたりもしている。もう慣れっこになって人見知りもほとんどしなくなった。

市内へ着いた。
開発区から乗った電車の着いた場所は、以前散策したことのある大連駅の一角にあった。
「大連駅」とは日本でいうと「JR大連駅」、私の乗った電車は私電といった感じである。

駅前には大きな広場が建設中だ。
そこから大連駅の下をくぐる道を通れば、向こう側には都市が広がっている。
「うわー・・・」
明らかに2年前に比べ発展した町がそこにはあった。
勝利広場あたりの何もなかったところにも露店が並び、店が入り、見知らぬホテルもたくさん建っている。
道端や道路など、下を見れば決してきれいとは言えないが、上の方だけを見ていると本当に都市である。
以前、中山路を渡るのに利用したはずの歩道橋がなくなっている。
道も整備されているようだ。
それにしてもすごい人。

今回、市内に来た最大の目的は、以前にはなかった日系のファッションビル伊都錦(イトキン)やデパート(VIVO.)を見たいがためだった。
これについては、また後日。
[PR]
by otamatokero | 2004-10-21 00:01 | 日常
この土日、夫がやっとお休みになったのでお買い物に出かけた。
土曜は開発区の安盛アンシャンというデパートと大型スーパーのニューマートへ行った。

私は日本にいるときも休みとなると、よく夫とお買い物に行っていた。
夫は休みに家にいたがらないタイプで、用がなくても必ず2人でデパートや大型ショッピングモールなどへ出かけていた。
都内の住宅街からはそういうところは遠く、行くには電車や車で出かけることが多かった。

でもここは大連開発区。
徒歩20分くらいの距離には大型スーパーやデパートがある。
微妙な距離ではあるが、子連れには徒歩圏内なのはありがたい。
写真は安盛購物広場(日本語表記です) ロッククライミング用の人口壁ができていた。

b0027685_15433287.jpg


私たちがよく利用するスーパーは、この安盛の地下に入っているトラストマート。
ここで買えないものや置いてないものを、金馬路というメインの大通りを挟んだ向かいのほうにあるニューマートや大連開発区商場で買う。地元の人はこちらをよく利用するという。
一度こちらへ遊びに来た2年前は、安盛はまだ骨組み段階で工事が止まっていた。
当時、繁華街と言えるだろう場所はニューマートなどのある一角だけだった。
安盛ができてからは、近辺に大型マンションや飲食店が増え(正確にはどっちが先だったのかは不明だが)、人口も増え、活気ある町になったようだ。
さらに今建設中の金馬路を挟んだ向かい側、安盛の真ん前のマンションの下部分にはマイカルが入る予定だとか。
しかも地下の食品街が一番早くオープンするらしいと聞いた。
「できたらすぐ行こうねー!」と、同じマンションのNさんと話している。今一番楽しみなことである。

ニューマートでnaoのオムツを買い、安盛でDVDと食材の買出しをして土曜は終了。
かなりの荷物になった。
naoを抱っこ紐で連れ出すと、買い物終了時が大変だ。
写真にも写っているが、安盛には展望エレベーターがある。地下にも停まるのか調べてみなければ。
もし停まるならベビーカーでのお買い物ができるかもしれない。
[PR]
by otamatokero | 2004-10-18 16:58 | 日常

ここ数日の過ごし方

ここのとこ外出や外食が続いたのもあり、忙しくてブログをさぼっていた。
予定があるのはいいことで、気分転換にはもってこいなのだが
子育てをしながらなので、常に時間に追われるような状態だ。

掃除洗濯は一日くらいサボってもどうということはない。
優先すべきはnaoの世話。
朝、昼とnaoにご飯を食べさせなくてはならない。
着替えやオムツ替えもある。ここ4日ほどおなかがゆるいので、オムツ替えも大変である。
産まれて初めてオムツかぶれを起こした。薬も塗らねばならない。
しかし、もちろんおとなしくさせてくれるはずもなく、時間がかかる。
おでかけとなると、天気や外出時間に応じて持ち物の準備もある。
午後にお出かけする日は、これらすべてを考慮に入れ、時間を逆算して臨む。

準備万端お出かけして帰宅してからが、また大変。
たいてい夕食時となるので、naoを遊ばせておき食事の支度にかかる。
私が夜外食の時は、naoの食事の後に外出。たまにお弁当持参なんてことも。
食事の後、帰宅したら今度はお風呂の準備。
でもこのころには一人遊びに飽きたり、眠かったりして、どこへでもついてくるようになっている。
何とか後追いをごまかした後、お風呂に入れる。
もちろんお風呂は洗い場などない。ホテルのように洗面所・トイレ・シャワーカーテン付きのバスタブという作りになっている。
狭いバスタブ内に簡易ベビーバスを置くと、私の居場所は正座して座れる程度。
naoには温まっておいてもらい、急いで自分が先に洗い、その後naoをひざ上で洗って、またお湯につかってもらう。
そこでもつかまり立ちをするnaoに注意しながら、自分がバスタブから出て、naoを抱きあげる。
ベッドの上で着替えをさせ、少し遊ばせた後に寝かしつけ、やっと解放される。

早く寝てくれた日は、流しを片付けたり、洗濯をしたりしたあとPCに向かう。
お出かけした日は自分も疲れてるので、髪を乾かした後ですぐ寝てしまう日もある。
すべてが終わったあと、夜遅く夫が帰宅。
最近は接待続きなのと、風邪ひいたのとでお風呂に入れてもらえません。

私はだんだん日本と変わらないこの過ごし方に慣れてきました。
お風呂だけは日本より大変だけど。

今週末はやっと夫のお休み。
日本で過ごして以来の家族団欒ができればいいのだけど・・・。
[PR]
by otamatokero | 2004-10-16 01:01 | 子育て