ガオー!ライオンだよ          初めての子育てと大連生活のいろんな発見


by otamatokero

<   2004年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

行く年来る年

12月31日金曜

大晦日ですねぇ。
そういえばnaoの出産予定日でした。
去年の今頃はいつ陣痛が来るんだろうと、落ち着かず過ごしていたっけ。
あれから一年経ったなんて本当にうそのよう。
今は酔っ払いのように歩くnaoと夫と3人で紅白なんぞ見ている。
今日は特別naoも夜更かし。

今年は出会いの年だった。
naoを通していろいろな方たちと知り合え、お付き合いも増えた。
私は本当に人間関係に恵まれている。
そして、この年になってもまだまだ新しいことに出会えるし、学べるんだなぁと実感できる嬉しい年だった。

今まで私と私の家族を支えてくださった周りの方々に感謝します。
また、このブログをご覧いただけた皆様、ありがとうございました。
今年は本当にお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by otamatokero | 2004-12-31 23:51 | 日常
12月25日土曜 クリスマス その2

b0027685_23474847.jpg

動いてジャズ調のクリスマスソングを奏でるサンタのぬいぐるみ。
(naoはこれでまた泣きました)
大連で一番美味しいと思っているDRAGON SEALの赤ワイン。
コクテル堂のクリスマスケーキ。
ステンドグラス販売会で購入の小物入れにキャンドルを点して演出してみました。

VIVO.のフラミンゴカフェでテイクアウトしたピザとサラダがディナーでした。
例のごとく、食べてしまったあとなので写真はありません。あはははは・・・
(ちなみにイブは韓国焼肉でした。ムードなし・・・)
[PR]
by otamatokero | 2004-12-25 23:53 | 日常
12月25日土曜 クリスマス

朝食を終えたnaoが、私たちにすてきなクリスマスプレゼントをくれた。
初めてヨチヨチ歩きを披露してくれたのだ。
最初はいつものように、歩行器につかまって伝い歩きをしていたのだが
手を放し、一歩、二歩、三歩、四歩、五歩、足元に障害物があったのでそこで膝をついたが
何もなければもっと歩いていたかもしれない。
足の裏は全部床にぺったりつけて、やり方はまるで足踏みのよう。
でも少しずつだけど前進する歩み。
その姿は私たちの目には、ちょっとたくましく映った。

正直に言うと、夫と私は初めはテレビを見ていた。
最初に夫が気付き、「歩いてる歩いてる、naoが歩いてる」とnaoが驚かないよう比較的小さい声で教えてくれ、私は三歩目から目撃した。
本当に目が釘付けだった。
膝を付いたnaoを抱きしめずにはいられなかった。感動した。
本人も誉めてくれとばかりに手をパチパチ鳴らして拍手している。

今日一日で何度歩いただろう。ビデオ撮影にも成功した。
12月10日にソファーでの伝い歩きから勢いで一歩だけ足が出たけど、「歩く」という形からは程遠かった。
片足を軸にして足踏みしながら方向転換までできる。
とうとう歩き始めたんだね。
ひとりで立っちができてから3ヶ月、なんだか長く感じたな。
立っちと伝い歩きでたくさん練習したから、いきなりたくさん歩けたんだね。

パパとママには世界で一番すてきなクリスマスプレゼントだよ。
どうもありがとう、nao。
[PR]
by otamatokero | 2004-12-25 23:47 | 子育て

イブの水難

12月24日金曜 クリスマスイブ

今日は朝からお掃除。
途中おぶっていたnaoが寝てくれたので、ベッドに移し、たまっていた流しを片付けていた。
b0027685_16135148.jpg

お鍋などの大物に取り掛かったら、蛇口からの水がちょろちょろ・・・あれ?止まった。
途端、右側のホース穴から水が噴水のごとく出てきた。シュパー、ジャアジャアと水の音も。
「うそ!外れた?」
流しの下を覗くと水があふれてる!
あっという間に水が台所に広がっていく!

大洪水で災難
以前、この記事を見たときに「うちも元栓の確認しておかなきゃ」と考えた。
夫にも言った。「どこにあるの?」
でも「そうだね。」と言っただけでその日は終わった。
ああ~・・・あとの祭りとはこのことだね。

水はどこから出てくるの~。まずはそこだ。
やっぱり1本ホースが外れてる。
近くに栓のつまみがあった。回したけど、止まらない。ここじゃない。
こうしてる間にも水があふれてる。うちは2階だからこのままじゃ階下にもれる。
スリッパも靴下もグチョグチョだ。
とにかく元栓だよ!
夫に電話。
「もうとにかく帰ってきて。ひとりじゃどうにもならないから!」

不思議と助けを求めたら、あとはこっちも冷静になる。
流しの下に置いてあったレジ袋で水を出しているホースを下向きに縛り、
今洗っていた鍋を置き、深めのバケツを探す。
幸いnaoのオムツ捨て用に買ったバケツがあった。
水がたまる間、バスタオルと雑巾であふれた水を拭く。
外れたのが排水ではなく上水道のホースだったので、たまった水は流しに捨てながら夫の帰りを待った。

夫がすぐ帰ってきた。
もれた水の始末を手伝ってくれ、元栓を探して止めてくれた。
もう大家さんには連絡済みだと言う。
とにかくほっとした。
それからマンションの管理会社の人が来て見ていった。
家中の水が止まってしまったし、大家さんが来るまで夫は家にいてくれた。
会社のみなさん、すみません・・・。

naoは管理会社の人がドアホンを鳴らすまで寝ててくれた。
本当に親孝行な娘だわー。

そして大家さん登場。
即、部品を買ってきて、直してくれ、帰って行った。
業者を呼ぶのかと思ってたけど、大家さんが直せるってところがすごい!
今までグルグル回ってた蛇口全体も固く締めなおされ、使い勝っても向上した。

最初はどうなることかと思ったけど、元栓の場所も分かったし、勉強になった事件だった。
我が家のキッチンはリビングと仕切られているため、水はキッチンにあふれただけで済んだ。
今後、もし引越しするなら考慮に入れたいポイントである。
b0027685_16175580.jpg

[PR]
by otamatokero | 2004-12-25 16:18 | 日常

氷点下の日々

12月22日水曜

大連へ来て3ヶ月。
最近は「いつからこちらへ?」と聞かれて答えると、「なんだかずっと前からいるみたいですよね。」と言われる。
早く周りの方々と馴染みたかったので、いろいろな行事に参加したし、実際友人も増えた。
出かけることで、買い物の仕方、タクシーの乗り方などを覚えた。
それも周りの方々の親切でここまでできるようになったわけで、あらためて感謝したい。

せっかくお出かけに慣れたというのに、最近はめっきり寒くなって困っている。
窓の外と網戸の間に置いた温度計はマイナスを指している。
ここ2-3日の朝晩の気温はマイナス7度~10度。
日中では今日が一番寒かった。
さすがにこれではベビーカーでは出かけられない。
歩くなんてとんでもない。
タクシーかバスに乗らないとどこへも行けない。

これでも暖冬と言われている大連。
これからもっともっと寒くなるらしい・・・。ああ恐ろしい。
お友達の家を行き来するくらいしか楽しみはなくなるのだろうか・・・?
b0027685_22421664.jpg

[PR]
by otamatokero | 2004-12-22 22:47 | 日常
12月18日土曜

今日は夜に市内でお食事会があるため、久しぶりに夫と電車に乗って市内へ繰り出した。

今日は晴天だったが、もう北風を受けると顔が痛くなるくらい寒い大連。
naoを乗せたベビーカーには、フリースを四つ折にしたひざ掛けと風除けのレインカバーが必需品だ。雨なんか降ってなくても役に立っている。
市内へ行くのにベビーカーを使うのは初めて。
前回、一日中夫が抱っこしたのだが、あまりに疲れたので今回はベビーカーの登場となった。

駅はエスカレーターがあるし、電車とホームの間も10センチほどしか開いていないので問題なく移動できた。
大連駅は駅の外にスロープがあった。
なんだかんだで家を出たのが2時近かったので、今日は以前行った「コクテル堂」のケーキを食べに行くことにした。
VIVO.までは道を選べば、特に気になる段差もなく行けた。一箇所、信号のないところを渡らねばならなかったけど、たいていの車はベビーカーと見ると徐行してくれる。

「あ、これなら今度私とnaoだけで電車に乗って市内へ出れるな」と思った。
駅を出たらラマダホテルもすぐ近くにある。「今度は平日に友人を誘ってラマダの飲茶を食べに来ようかなー・・・」私の頭ではいろいろ楽しいプランが練りあがっていく。

「コクテル堂」の店内も十分ベビーカーで入れる。
一番いいのは奥の壁際のソファー席。
端がゲットできれば、なおGOOD。
お店のショーケースには前よりケーキの種類があった。
今回はフルーツ入りシューリングにフルーツタルトのケーキセットを選び、カプチーノを頼んだ。
でもやっぱりミルクレープも食べたくなってケーキのみ追加注文。
どのケーキも美味しかったけど、やっぱりミルクレープが一番好き。
ほんのり洋酒の風味がするのと、一番上のカラメルがバーナーで炙ってあって、ちょっとパリッとするところがイイ。
それにコーヒーをうりにしてるだけあって、カプチーノがとても美味しかった。

帰りには勢いでクリスマスケーキも予約、来月のnaoのお誕生ケーキも予約した。
ということは近いうちにまた2度市内を訪れることになる。
そのときもお天気がよければ、ベビーカーで来よう。
わーい、楽しみだな♪
[PR]
by otamatokero | 2004-12-19 01:01 | 日常
b0027685_2332597.jpg
先日、「赤ちゃんの会」で、しゃべって踊るサンタさんが飾られていたので一緒に撮りました。
始めはサンタとnaoだけを撮ろうとそばに座らせたけれど、近づいたとたんに急に動いたサンタに驚いてnaoは大泣き。
私が抱っこして撮りました。
せめて泣き止んでからにしたかったけど、時間がなかった。
まあ、これもいい記念になるでしょう。
ちなみにnaoが握っているのはピンポン玉です。ここには卓球台もあったので。

b0027685_23424451.jpg

naoはハム太郎のぜんまい仕掛けで動くおもちゃは大好き。
これは大家さんが置いていってくれたもの。大家さんにも幼稚園児くらいの息子さんがいる。
ぜんまいを回しただけで、naoは遠くから目をキラキラさせて全速力でハイハイしてくる。
しばらく動くのを見たあと、捕まえて、動いてる車輪を眺め、最後は噛み噛み。

それなのにお友達のおうちで遊んだ、動いてピコピコ光るワニのおもちゃには怖がって泣いた。
違いが分からないなぁ。サンタは大きいから威圧感だろうと思ったんだけど・・・。
[PR]
by otamatokero | 2004-12-17 23:48 | 子育て

転落

昨日naoは夜中の3時にベッドから落ちた。

我が家はほぼ全面床暖房が入っているので、室内気温は25℃くらい。
夜になってもあまり下がらないので、半袖で寝れる日も多い。
naoは寝相が悪いので、掛け布団は20分くらいしかかかっていない。
だから、半袖の下着に長袖の寝巻きを着せて寝かせている。
これなら布団がなくても風邪などひかないし、汗も確認できるほどはかかないくらいの服装だ。
一応クイーンサイズのベッドなのだが、両親に挟まれた空間で寝ているnaoは、風も通らないのか毎晩寝苦しそうだ。
無意識に布団の冷たいところを探して移動しているのではないかと思われる。
暖房が入った頃から寝相の悪さもすごくなった。

昨日落ちたのは私たちの足元、ベッドエンドからである。
たいてい、そこに到達するまでに気が付いて、私たちの腕あたりの位置に直すのだが
この日、その時間はめずらしく両親共に深い夢の中だった。

シャシャッという衣擦れ音で、私たちは飛び起きた!
ゴチッという音も聞こえたような気がした。
夫がnaoを抱きしめる、あやまるしかない私たち。
驚いたのと痛かったので泣きじゃくるnao。こんなとき本当にせつなくなる。

今夜はベッドエンドにクッションを置いている。
もっと早くにこうしておくべきだったな。
[PR]
by otamatokero | 2004-12-16 01:35 | 子育て
b0027685_14235787.jpg

先週バドミントンに行ったときに撮ったものです。

今月に入ったらあちこちのホテルでツリーを見かけるようになった。
ホテルの外の飾りつけも進められている。
こちらでは12月から春節が終わるまでこの飾りつけが片付けられることは少ない。
日本じゃすぐお正月の門松とかに変更されてしまうけどね。

「赤ちゃんの会」で集まったプレイルームもクリスマスの飾りつけがキレイだった。
そこにいた喋って踊るサンタさんとも写真を撮ったが、naoは怖かったようで大泣き。

東方ホテルの外の正面の今年の飾りつけは、地球儀柄の気球に乗ったサンタさんがプレゼントを持って世界を飛んでる様子になってます。
今月はいろいろなホテルに入ってツリーなどを見学しようと思ってます。
こんな感じで、目から入ってくるクリスマスに、今年どう過ごそうかなーと考え始めました。

日本のnaoのお友達は、サンタさんの衣装でクリスマス会をやったりするようです。
naoにも何か着せようかなぁ。

こっちではどうやって過ごそう。・・・別にクリスチャンではありません。
ただのイベント好きの親を持つnao。私たちは何もせずにはいられません。
年末にあるクリスマスは一年を振り返る良い機会。
普遍的にあるテーマとしては、
その日は美味しいものを食べ、家族そろって楽しく健康で過ごしたい。
そしてまた始まる新しい一年に思いを馳せる・・・。
こちらへ来てから、家族一緒にいられることが今何より幸せなんだという気持ちが強いです。

皆さんは今年のクリスマスをどう過ごされますか?
[PR]
by otamatokero | 2004-12-10 14:55 | 日常

そっちのけで・・・

子連れお奨め店~シャングリラホテル~

今日は12月の赤ちゃん会が大連市内のシャングリラホテルで行われた。
私には市内に行くだけで十分イベントなのに、このホテルは前から一番行ってみたかったホテル。
さすが5つ星のホテルだけあってキレイだし、ホテル内はクリスマスの飾りつけで、入るなり一瞬ここがどこなのか忘れたほど。
しかも今回はランチをこちらのブッフェで食べるという期待があり、行く前からすでに舞い上がっていた。

長くなるので結果だけ言うと、このブッフェとてもよかったです。
これだけの期待を裏切るような要素はなかったです。
赤ちゃん用のイスにnaoは一瞬だけぐずったけど、ほとんど機嫌よく座っていてくれたし、お料理も何度か来ない限り全種類制覇できないほどの品揃え。
頼むと焼いてくれるお肉だけ、念入りに焼きすぎ&味付けしすぎで硬くてしょっばかったけれど、・・・近いうちに絶対また来ようと思いました。

正直、今回naoそっちのけで楽しみました。
お料理を取りに行く間、見ていてくれたママ友達とおとなしくしててくれたnaoに感謝。
気持ちよく食べさせてくれて、本当にこの子は親孝行な娘だわー。
座らせた赤ちゃん用のイスはそんなに数がないのだろうと思っていたのに、頼んだら出てくる出てくる、「まだあるの?」と思うほど。
開発区のホテルにもこんなお料理とサービスがあれば、もっとみんなとのお出かけの機会が増えるのにな。
[PR]
by otamatokero | 2004-12-09 23:06