ガオー!ライオンだよ          初めての子育てと大連生活のいろんな発見


by otamatokero

<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

エキサイトにて復活

なんだか、引越ししたものの使い勝手が悪く・・・
エキサイトも問題なく中国国内から見れるようになったことだし、
何よりうれしいことに多くの方がこのブログを見てくださっているので、あちこち転々とするよりいいだろうと思って、結局古巣へ出戻ってまいりました。

今後、5月のように見れなくなったりしなきゃいいなーと思いつつ、
ま、そのときはそのときでまたどこかに一時引越しすればいいかなーなんてお気楽に考えてます。

ああ、やっぱエキサイトはいいわー。
皆さん、再びどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by otamatokero | 2005-06-30 22:48 | お知らせ

うずうず

※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。



今さっきまでスターチャンネルでライブで放送されていたウインブルドンの男子シングルスを見ていた。

スイスのロジャー・フェデラー対チリのフェルナンド・ゴンザレス。

私、ロジャーのプレーが大好き。
20年近く「草テニス」をしてきましたが(といっても超ヘタクソ)、自己流のためフォームめちゃめちゃなもので、基本がきちんとしている人のプレーにはいつも惚れ惚れしてしまうのです。
トッププロの中でも彼の美しいプレーは、去年の今頃、子育てで忙しい中なんとか見れたNHK深夜のウインブルドンで私の心を釘付けにしたのでした。

ゴンザレスのプレーは荒々しく、ロジャーを翻弄。
しかし、そこはロジャー。冷静に対処。
食いつくゴンザレスに熱くなる場面あれど、7-5、6-2、7-6で勝ち上がりました!
第2セットはnaoの寝かしつけでほとんど見れなかったけど、
ゴンザレス、あっぱれ。でもロジャーには及ばなかったわ。
久しぶりに面白い試合を見て興奮しました!
センターコートではヒューイット対ロペス。ヒューイットが勝ち上がり、明日はロジャーとの一戦が見れるのかしら。
naoを計画的に早く寝かせないとね^^。

ここ大連で来週から参加するつもりのバドミントンとテニス。
なんだか今からやりたくてうずうずしてしまってます。
[PR]
by otamatokero | 2005-06-29 23:12
※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。



19日に大連に戻りました。

しかし帰国中の風邪やらで疲れがたまっていたのと、新しいアイさん雇用をしたり買い物したりで毎日忙しく、いっぱいいっぱい状態でした。
しかも、少しずつ再び大連生活に慣れてきた私に追い討ちをかける事件勃発。

24日の金曜にやっとパソコンに触れる時間が少しできて
たまっていたメールの返事などでブログまで手が付けられず
週末あたりにやろうかなと思っていたら、その金曜日にいきなり何の予告なく断水。

昼ごはんは仕方なく前日の残りをチン。
その日の午前中は、買い物が苦手な新しいアイに任せられない日用品を買いに行ったら、買ったラックがすでに壊れてて、午後に取替えに行かなくちゃならなかった。
帰宅してもまだ水が使えないのでアイも仕事ができず、4時までと聞いていたのに結局水が出たのは6時。
夕飯はレトルト離乳食とインスタント麺。
ずっと濁り水が続き、その日は顔も洗えず日本から持ってきたウエットティッシュでやり過ごした。

naoを寝かし付け、洗面所に行くと水浸し!
濁り水をきれいにしようと出しっぱなしにしていたのだが、
洗面所の排水蓋が勝手に閉まっていて、流れ出ていた。
寝ようとしてたのに、早急に洗面所の掃除。
そんな日に限って夫は仕事やら接待やらで帰りが遅い。

土曜朝、夫が「もう水きれいになってるよ」とシャワーを浴びて仕事に行った。
安心して昨日できなかった洗濯機を回した。
できなかった昨日の洗い物と朝ごはんの片付けも終わったし、ゆっくりシャワーを浴びようかとお湯を出したらまた濁り水!!
終わった洗濯物をのぞくと、白い服が茶色に染まっていた。
昨日から洗顔も歯磨きもシャワーも浴びてない。
この濁り水がいったいいつまで続くのか・・・。
この日、買い物の時にカートに足をぶつけて怪我までしていたので
ものっすごーーーーーーくブル~になってしまった。

このときちょうどnaoがいい子にお昼寝してくれていたし、
この気持ちのはけ口が今すぐ必要だったから
即、夫に電話したが電波の関係か切れてしまった。
(ここで明かすのは恥ずかしいけど)久しぶりにマジ泣きした瞬間だった。

ひそかに泣いてるのを知られたくなかったのに、夫からコールバックがきたので隠し切れなかった。
忙しいから出勤したのに、その日は2時半頃帰宅してくれた。

一時帰国が長かったせいか、いろんなことを忘れていた。

予告なしの断水、停電、当たり前。
物を買うときは壊れてないか、箱の中身も確認するくらいの注意。
真っ直ぐ押せない、引っ張れない、買い物カート。

ああ、私はまたここで生活を始めるんだわ。
ゆっくり身体を慣らしていこう・・・
バドミントンなどの活動開始は7月になったらね。
皆さん、待っててね。
[PR]
by otamatokero | 2005-06-28 15:32 | 日常

大連に戻ります

※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。



19日に大連に戻ることが決まりました!
パパがさびしいって言ってきたから・・・半分ほんとです^^。

実母とバトルしながらも、約2ヶ月の滞在は楽しく、ホントに満喫しました。
でもそのうち1ヶ月以上はずっと風邪の症状に悩みましたが。

naoはまだ完治してませんが、梅雨入りしてしまった東京で長居をしても
これ以上の改善はのぞめないし、出かけるのも大変だし、
何より当初の予定だった予防接種がこの月曜に無事完了したからです。

実家の両親には親孝行できたと思います。
特に父はnaoがすごくなついているのもあり、目尻が下がりっぱなし。
母はいろいろ厳しいことを言いながらも楽しそうで、いろいろすすんで世話をしてくれました。
昨日戻ることが決まったら、「さびしくなる」ともらしていました。

私としては、こんな2ヶ月も一緒に暮らして、両親は相当疲れてるはずなので
私たちがいなくなってからの2人が心配。
2人とも私たちがうつした?(であろう)風邪ぎみだし。
見た目と違い、老齢であるのでね^^。
それに愛犬で老犬のワンワン(仮名^^)も、うなりながらもいろんなnaoのいたずらに目を瞑ってくれました。円形ハゲができなきゃいいけど。
みんな、ありがとう。この場を借りて感謝します。

あともうひとつ、お知らせ。
ライブドアにうつってまだ数日ですが、どうも私と合わないような・・・。
また引越しするかもしれません。
とにかくしばらく忙しくなるので、お休みすると思います。
再開のお知らせなどはこちらに入れますので、
またよろしければご覧になってくださいね!
[PR]
by otamatokero | 2005-06-16 12:05 | お知らせ
※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。



今日はちょっと暗い内容。
しかも長いので、お時間のある方だけお付き合いください。

私は私なりに大連に慣れ、なじみ、楽しむようになった。
私は普段からマイナスな考え方をあまりしない傾向にあるので、
どこに行ってもたぶん大丈夫なほうだと思っている。
夫の大連出向が決まったときも、いろんなことをあまり深く考える前に、
とにかく家族一緒にいれば何とかなるだろうくらいにしか思ってなかったし。
こんな私の性格から、私のブログを読むと「大連生活って楽しそう~」としか映らないかもしれない。
ああ、それは真実ではないな。
今まで誤解を与えてきたのかもしれないな。
そんな思いから、大連生活の大変な一面をちょっと記そうと思う。



超ポジティブ思考の私のような人もいれば、
もちろん世の中そんな人ばかりではないだろう。
ご主人の仕事の都合で仕方なく同行した奥様も多いと思う。
何の楽しみも見出せないまま、任期終了を待っている方もいらっしゃるだろう。
ましてや小さいお子さん連れでの大連生活は、不安でいっぱい。
言葉は通じない、食べ物の衛生面が気になる、あれが欲しくてもどこで売ってるの?

ちょっとベビーカーで散歩に出れば、「かわいいから」「足が寒そうだ」とか、「なんで帽子をかぶせないんだ風邪引かせるぞ」など質問攻め。
見知らぬ人々が寄ってくる。触る。抱っこひもはもっと目を引き、至近距離。
レジで「いくらです」が聞き取れない。
小銭の出し方が分からない。
市場ではボられる。
「このイチゴ甘いよ」とだまされる。
タクシーに遠回りされる。
昨日まで売り場にあったものが、今日はない。いつ入荷になるか見当もつかない。
おにぎりなど簡単なものが食べたくても、日本のような軽食を売るコンビニはない。
安心して荷物を置いておける場所がない。
子供のオムツの種類が少ない、離乳食や日本の粉ミルクが見当たらない、その辺で買えない。品切れが多い。

生後8ヶ月naoを連れ、私が実際に生活をしてみても、日本のようにはいかない事があまりに多く
いろいろな不満がストレスになって、体調を崩したり、そんなに必要でもないのにちょっとしたショッピングに興じたりすることも多々あった。

これもあとから自分の行動を振り返ってみて、気がついたことだったりする。
今から考えると、始めの頃は「早く慣れたい、なじみたい」一心でちょっと頑張りすぎてた気もする。
でも私の環境は恵まれていて、私が大連に着いた時には
夫の上司だったり同僚だったりの奥様方がすでに何人かいらして、いろいろ教えてくださった。
彼女たちのネットワークから、すぐに友人もでき、増え、楽しい毎日がおくれるようになった。

夫は大連でも仕事が忙しく、世のご主人方の多くがそうであるように
家事や子育てにはほとんど手助けしてくれる時間などない。
異国の地でこれは正直つらい。
土日も完全に休みではないし。
毎日の食事、日用品などの買出しひとつにしても、「私がやらねば誰がやる?」

最初は私も「何でもない、日本でもやってた」と思った。
4ヶ月頑張った。頑張ってることにも気づかないくらい日常になっていた。
頑張ったあげく、体調を崩した。
私には夫以外頼る人がいないことをその時に知った。
しかも私が体調を崩したらnaoの面倒を誰がみるの?
情けないことに、その時に初めて気づいたわけだ。

実際には友人が機転を利かせてくれて、事なきを得たのだが(詳しくは過去の記事をごらんください)
このときに初めてお手伝いさん(大連ではアイさんと呼んでいる)を雇おうと心に決めたのだった。

私のブログの読者である日本のママ友はこの辺はあまり読んでくれてないみたい。というか毎日読めるほど暇なママはそういない。当たり前。
私の大連生活は
「物価が安い」「お手伝いさんが何でもしてくれる」「遊んでる」イメージ強し。
「大変だね」「デモ大丈夫?」を連発されるよりはいいかもしれないが。

「お手伝いさんいるんだって?いいな。」
「子供見てくれて、その上家事もやってくれるの?」
「子供とお手伝いさん2人きりにして、出かけても平気なの?」
「子供ほったらかして、遊んでるんだー。優雅だね」
はっきり言う人は少ないが、そう言われてる。

私:「いや、だからストレスが・・・^^;」
ママ友:「ストレスゥ~?楽してるんでしょ~^^」

今日は体調も悪かったせいか、正直すごくムッとしてしまった。
もちろん完全に説明する気はないし、言っても暮らしたことのない人には想像が難しいだろうから。
日本でもお手伝いが欲しいときがあるもんね。
日本の物価じゃ容易ではないし。
でもでも、そういう次元の話ではないのだよ。

あー・・・誰か私をフォローしてくれませんか?
大連に戻ってからは、もっとこれが大変だとか、あれが大変だとか
いっぱい書かなくちゃいけないね。
・・・でも一日終わる頃には楽しかったことばかり覚えてる私には難しい話かも・・・
[PR]
by otamatokero | 2005-06-14 22:07 | 一時帰国中

お酒とお友達♪

※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。



b0027685_13105619.jpg
naoはじぃじの大切にしているお酒で遊ぶ。
持ち歩いてお人形のように抱っこしてあちこち歩き回る。






b0027685_1312594.jpg






活発なnaoのために購入した「アンパンマンブランコパークDX」が今日届いたので(安全のため本当はやってはいけないのだが)すべり台部分だけを組み立てた。
naoは大喜びで何度も何度もジムに登ったり、すべり台で遊んだ。
そのうち一人ではつまらなくなったらしく、お酒をすべり台の上に持って行き乗せた。
naoはジムに夢中。
その後お酒はひとりでにすべり台を滑り落ちた・・・。
[PR]
by otamatokero | 2005-06-11 00:00 | 一時帰国中

「おじぎ」と「階段」

※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。



私の母からnaoはおじぎの仕方を習ったようだ。
でもこのおじぎが傍から見るとおかしい。
だって「最敬礼」なんだもん。
まるで柔道家のようだ。

実家は二階建てである。
当然家の中に階段がある。
naoには今までになかった環境だ。
大連では低い手すりがあれば、上り下りができた。
公園のすべり台はよほど急なものでない限り、一人でできる。
本人は登山家のごとく「そこに階段があれば登る」状態で、チャレンジしたがる。
実家の階段の手すりは到底届かないから、手をついてよじ登って行く。
危ないからといって、止めさせるのは容易ではない。
最近はキックの威力も増している。「いやいや」が少しずつ始まっている。
家族みんなで気を付けていても、隙を突いて登る。
今までに2度、単独完全登頂に成功した。・・・恐ろしい。

今度長期帰国する際は、絶対に「ゲート」をレンタルしよう。
ダンボール製のバリケードはすぐ壊された。
今日から階段前に小さい家具を置いて安全対策を強化している。
[PR]
by otamatokero | 2005-06-08 23:21 | 一時帰国中
※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。



この一時帰国中にLサイズのパンツ型オムツで、naoは何度もおもらしをした。
太ももが細いので、ちょっとずれると脇から流れてしまっていたのだ。

またお友達のarisaちゃんが、オムツが重くなると「チッコパンパン」と言って教えると聞いていたので
オムツ替えの時にはいつも「naoちゃん、チッチいっぱいしたね。ママに教えてね」と言っていた。

naoにとって、こんな経験が効を奏したのか・・・
先日、自分でパンツを脱ぎ始めた。
「暑いの?なんで脱ぐの?」と怪訝になって、よく見るとオムツが重そうにぶら下がっている。

その日はすごくて、私のところへ来て「チッチ」(オムツが重たいよ)と教えたり、オムツ替えシートを自分で広げその上にゴロンして催促したり
これはもうトイレトレーニングを始めてもいいの?と思ってしまった。

しかし、その後オムツをパンツ型からテープ式に変えたら、おもらしがなくなり、
日ごとに教えてくれなくなってしまった。

先輩ママたちの失敗談や経験をうかがった結果、2歳の夏にやろうと思っている。
今は自分がトイレに行くとき、「ママ、チッチしてくるね!」と教えたり
naoがいいウンチをしてトイレに流しに行くときに、naoにフラッシュ(水を流す)してもらい「ウンチさんバイバイ」と手を振って見せ、トイレがどういうものなのか、少しずつ教えている。
大連のトイレは洗面やバスと一緒だから、まず目的別にきちんと教えていきたいな。

この夏の目標は「お外から帰ったら自主的に手を洗いに行き、タオルで手を拭く」に決まり!
[PR]
by otamatokero | 2005-06-07 21:30 | 一時帰国中
※以下に記すこの記事は、一時引越ししていた某ブログでの初投稿記事です。
中国国内で再びエキサイトが見れるようになったので、戻ってきました。
いずれ一時引越しのブログは閉じるので、本文をそのまま掲載したいと思います。
初めてご覧になる方、訳分からなくてすみません。


昨年9月中旬より、夫の出向先の大連開発区にて新生活を始めたのを機にブログを始めました。
日本の家族、友人たち、そしてこれから大連に住むことになるかもしれないあなたへ、未知なる中国大連での日常生活をご紹介しながら、
2004年に生まれた初めての子、naoの成長記録をつづってきました。

現在私は東京の実家で投稿しております。
いろいろやることがあり、5月1日から6月下旬まで滞在の予定。
大連関係の情報をお知りになりたい方は「今までのブログ」をごらんになっていただければと思います。

以前からの読者さま、今日初めてごらんになったあなた、
しばらくは東京にて、日常を投稿していきます。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。


b0027685_12124291.jpg

実家を荒らしまくり、初めてのお化粧をするnao
[PR]
by otamatokero | 2005-06-06 22:18 | 一時帰国中

ブログ引っ越します

中国国内でのエキサイトブログ閲覧が困難になった情報を受け、
明日でnaoが1歳5ヶ月になるのを機に
6月6日をもって以下へ引越しすることにしました。

naoと大連 1歳5ヶ月~

今までどおり、シンプルなブログ作りを基本に私なりに情報を発信していきたいと考えています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by otamatokero | 2005-06-05 14:07 | 紹介